Sitemap Automator for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.6
ReleaseDate: 2011/09/30
Genres: [ビジネス][開発ツール]
Price: ¥3,000
ArtistName: Paul Levine
SellerName: Paul Levine
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 8.4 MB

ホームページやブログをがんばって制作し公開した後に、訪問者がくるのが待ち遠しく沢山の人たちに見てもらい役立つサイトも肝心のGoogle/Yahoo/Bingなどの検索エンジンの上位に表示されなければ意味が無いですよね?

検索エンジン(Google/Yahoo/Bing)などが新しいホームページやブログが公開されたことを知らせることが出来るウェブマスターツールを使って、制作したサイトのサイトマップを作り登録しておくことで、早く検索エンジンのクローラーがサイトをインデックスするのを補助してくれる重要なSEO対策の1歩なのですが、サイトマップってどのような形で作れば良いのかよくわからなくて困りますよね。

このアプリは、そんなホームページやブログを制作しSEO対策を始める方や検索エンジンへの登録に使えるサイトマップ(xml形式)制作を簡単に行えサイト内のリンクが切れているページを見つけるなどSEO対策を効率良く簡単にすることが出来るのが特徴です。

<サイトマップに必要な情報を自動的に設定する>

様々なホームページやブログ、html/phpなどの制作状況などに合わせて、サイトマップ制作に必要な情報を自動的に設定するフィルタ機能を搭載し、初めてサイトマップを作成する方やカスタマイズしたサイトマップが必要な方など幅広い用途に使うことが出来、誰にでも簡単に制作することを可能にします。

<Webサイト全体をスキャンしサイトマップへの登録やページ内のリンク切れを見つけます>

ホームページやブログのURLを入力して設定を行えば、URLを基にWebサイト全体を検索しつつサイト内のリンク切れを同時に処理することを可能にし、リンク切れで訪問者を逃したり検索エンジンの評価を下げること無く、公開することを可能にしサイトマップへ全てのページを登録しておくことで、素早くクローラーに情報を伝達しサイトの集客力を向上させることが出来ます。

<スキャンされたWebページの確認と編集>

Webサイトのスキャン結果が一覧で詳細に表示されるので、サイトマップに登録するページや内容を確認したら、画面右下の「Generate sitemap」を押下するだけでxml形式のサイトマップを生成してくれます。

<サイトマップを公開するFTPツールと検索エンジンへ通知する機能>

生成したxml形式のサイトマップをFTPでアップロードする機能を有しており、ホストやユーザ名/パスワードなどを設定しておくことでそのままアップロードすることが可能で、Google/Yahoo/Bingなどの検索エンジンへサイトマップの通知や更新を行う機能で、HPやブログを制作した時だけでなく新しいページや更新時にもサイトマップ生成から各検索エンジンへの通知までの作業を簡単に効率的に行うことが出来ます。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

BusyCal 2 for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.5.3
ReleaseDate: 2012/10/22
Genres: [ビジネス][仕事効率化]
Price: ¥5,000
ArtistName: BusyCal LLC
SellerName: BusyCal, LLC
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 9.3 MB

カレンダーとリマインダーがひとつになった「BusyCal 2」は、シンプルで使いやすいインターフェイスと動作も軽くクラウド経由でiPhone/iPadの標準カレンダーやGoogleカレンダーなどと同期させて使えるのが特徴です。

<シンプルで使いやすいインターフェイス>

画面上部の日/週/月/年/リストから表示するカレンダーを切り替え、カレンダー表示を週の数や日数などカスタマイズして表示したり、各同期先やToDoなどを画面の左右に配置された見やすく使いやすいインターフェイスとなっています。

<便利なToDo>

ToDoはカレンダー内に設定した日時に直接表示し完了となるまで繰り返し表示され、前後のToDo表示やカラー設定、繰り返しのToDo登録、ToDoリスト内での並び替えなど、使いやすいように自由に設定し変更することが可能です。

<アラームとメニューバーアプリ>

アプリ内でアラーム設定が可能でMacの通知センターで表示したりスヌーズ間隔の変更やアラーム開始前の分数設定、各種イベント/ToDo/記念日などのデフォルトのアラームの間隔を設定可能と高機能なアラームが搭載されています。

メニューバーアプリは今日のイベントリストや天気予報を表示しイベント内容の詳細やToDo完了済みチェック、新規イベントの登録など常にアプリで画面を占有せずに必要な情報をガジェット的なメニューバーで表示してくれます。

<クラウドでの同期と共有/連携>

iCloudでiPhone/iPadなどのiOSや他のMacとOS標準カレンダー/リマインダーと同期し共有したり、Exchange/Googleカレンダーなど他のCalDAVサーバとカレンダーの同期や共有し新しいイベントや変更などもスムーズに同期して表示するので、端末(Mac/Windowsなど)やデバイス(iPhone/iPad/iPod/Androidなど)を選ばずにいつでもどこでも便利に使えるのが大変便利です。

<その他の豊富な機能>

フォントはサイズ/スタイル/カラーがカスタム可能で、10日間分のライブ天気予報や月相表示、休日や祝日などをおしゃれに表示したり、カレンダーにドラッグ&ドロップで簡単に画像を表示する機能、情報パネル内でイベントの詳細を直接編集、場所/時間帯/タグ/最終編集時間など表示させるフィールドの設定や変更、日付や時間を矢印キーや日付選択機能で調整することが出来ます。

また、カレンダーをグループ化しシングルクリックで表示したり隠したり、スマートフィルタを設定し特定のカレンダーやカスタム表示、特定の条件と合致する場合のみイベント表示する機能、タグを利用して顧客やイベント、プロジェクトの管理をするなど、ユーザの利便性を向上させる豊富な機能を搭載しています。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら