Quick View for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.3.9
ReleaseDate: 2014/06/04
Genres: [写真][グラフィック&デザイン]
Price: ¥400
ArtistName: RYOTA MINAMI
SellerName: RYOTA MINAMI
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 2.7 MB

Macで電子書籍や漫画、コミックなどを保存するときには、1冊分をフォルダにまとめてファイルサイズを小さくするために圧縮して保存し、いざ読もうという時には圧縮したファイルを解凍して画像ビューワーで閲覧している方は多いかと思いますが、写真や画像を見るために開発された画像ビューワーでは、全てのファイルを選択して再生したり、次の画像を表示する操作がページをめくる操作と違って読みにくいと思ったことはありませんか?

このアプリは、写真や画像ファイル、電子書籍や漫画、コミックなどを閲覧することに特化したビューワーで、高速でプレビューすることが出来るのはもちろん!RAW画像のプレビューも高速で処理して表示することが出来、圧縮したファイルを解凍せずにそのまま開く(読む)機能、見開き表示や左右どちらからの本でも開く機能、同フォルダに保存されている圧縮ファイルを連続して読む機能(1巻から2巻への切り替えが不要)、白黒の漫画やコミックを4色のカラーに変換する機能、音を鳴らすだけでページをめくる機能など、写真や画像をプレビューするだけでなく電子書籍や漫画、コミックを快適に読むための豊富な機能を搭載しているのが特徴です。

使い方


プレビューしたい写真や画像ファイル、漫画やコミックなど圧縮して保存してあるファイルやフォルダなどを、アプリにドラッグ&ドロップするだけで、写真や画像ファイルをプレビュー表示し圧縮してあるファイルやフォルダであれば、解凍せずにそのままプレビューすることが出来るので、誰にでも簡単に使えてサッと表示して読むことが出来るのは魅力的です。

複数の画像を保存ているフォルダや漫画、コミックなどの圧縮ファイルは、画面をタップや「→」キー、「K」キーで次のページ、2本指でタップや「←」キー、「J」キーで前のページに移動することが出来、マウスやキーボードで操作する以外にも、くちぶえを吹くなど音だけで次のページに移動することも可能で、複数巻の漫画やコミックなどの圧縮ファイルが同一のフォルダ内に保存されていれば、1巻が読み終わると自動的に2巻目に表示を切り替えて連続してサクサク読むことが出来るのは大変便利です。

大量の写真や画像、RAW画像も高速でプレビューする


大量の写真や画像をまとめて表示するサムネイル表示やプレビューに時間がかかる「RAW画像」も画像内部のサムネイルを使用することで高速で表示することが出来、特定の画像や写真をプレビューしても同一フォルダ内の画像や写真もまとめて読み込みフォルダ単位で扱え、数字キーを押下するだけでスライドショーを開始しするだけでなく、押下した数字がそのままスライドの間隔/秒の設定になっており、無駄な操作がないのは好印象です。

また、pdfファイルでよく見るスクロールしながらどんどん次のページを開く機能を本アプリにも搭載し、写真や画像を左右に捲ったり切り替えたりせずに、縦にスクロールさせながら見ることが出来、写真や画像のデータを変更せずに回転させたり拡大/縮小することが可能と、ビューワーとして必要な機能を搭載して高速で画像を処理する高い性能を有しています。

白黒の漫画やコミックがカラーページで読める


漫画やコミックを読むのに適したアプリやソフトは多数ありますが、白黒の漫画やコミックを4色のカラーに着色してカラーページで楽しむことが出来、着色するカラーを自分で設定することも可能と、他のビューワーにはないユニークで便利な機能や高い汎用性と操作性に優れた画像ビューワーアプリです。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

ImageOptim for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.0.0
ReleaseDate: 2014/04/22
Genres: [写真][グラフィック&デザイン]
Price: ¥1,000
ArtistName: zhang chao
SellerName: zhang chao
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 3.2 MB

写真や画像ファイルの容量は、サイズや解像度などの品質以外にも、沢山のEXIF/メタデータが1枚1枚に挿入されており、ファイルサイズが大きくなっていることをご存知ですか?

多くの方は写真や画像をそのままホームページやブログに掲載したり、SNS(Facebook/Twitterなど)に投稿、メールに添付して送信するなど、様々な用途や目的で使われているかと思いますが、EXIF/メタデータを含む写真や画像をそのまま公開してしまうと、その情報から個人情報を漏洩してしまう危険性があるだけでなく、サイズの大きい写真や画像ではWebページの表示速度が遅くなったり、保存しているパソコン(Mac/Windowsなど)やiPhone/iPadなどのディスク領域を無駄に占有してしまいます。

EXIF/メタデータとは、デジカメやiPhone/iPadで撮影した時に、様々な情報(メーカー、機器名称、作者名、撮影著作権者、露出時間、絞り値、レンズ焦点距離、レンズ開放F値、ISO感度、露出プログラム、露出補正値、測光方式、フラッシュ、撮影日時、位置情報、コメントなど)を写真や画像ファイルに自動的に記載して保存している情報です。

※撮影機器の仕様や設定によってEXIF/メタデータに含まれる情報は異なります。

このアプリは、写真や画像に含まれるEXIF/メタデータを完全に削除してファイルサイズを小さく圧縮することが出来るだけでなく、EXIF/メタデータから個人を特定されることを防ぎ、写真や画像を安全に公開するためのセキュリティ対策も可能となり、あらゆる写真や画像のファイル形式(PNG/JPEG/GIFなど)に対応し、簡単な操作で複数のファイルをまとめて小さく圧縮出来るなど、大変優れた画像圧縮アプリなのが特徴です。

簡単な操作で写真や画像を圧縮出来る


アプリを起動して写真や画像ファイルを本アプリにドラッグ&ドロップするだけで簡単にEXIF/メタデータを削除しファイルを圧縮してサイズを小さく!セキュリティ対策も出来る!だけでなく、扱えるファイル形式(PNG/JPEG/GIFなど)も豊富でファイル1つからフォルダごと複数の写真や画像もまとめて圧縮が可能と、誰にでも簡単に使える設計は好印象です。

使い方に合わせて自由に設定出来る

写真や画像を圧縮する時に、多くのアプリは元ファイルをそのままに新しいファイルとして保存しますが、同じ写真や画像が保存されることで、無駄にディスク容量を使ってしまうのはもったいないですよね?

豊富な機能を詳細に設定出来る本アプリは、写真や画像を上書きするか別保存するかを指定することが出来、ファイル形式や圧縮ツールごとに画像品質やEXIF/メタデータの最適化レベルを指定することが可能と様々な用途に使える高い汎用性と機能を搭載しています。

各設定は画面上部のタブにあるツール(General/PNGOUT/OptiPNG/AdvPNG/JPEGOptim)から画像品質、EXIF/メタデータの最適化レベルを調整して指定することが出来ます。

基本設定の方法(General)

画面左側には画像品質、EXIF/メタデータの最適化ツールがあり、使用するツールにレ点を入れて指定(基本的に全てにレ点を入れておいてOK)し、画面右上部はファイル形式別に画像のEXIF/メタデータの最適化をレ点で指定、画面右下部に基となる写真や画像を上書きするか別保存するかをレ点で選択して保存場所を指定します。

画像品質・最適化レベルの設定方法

本アプリに搭載している各最適化ツールは、圧縮レベルや画像の品質レベルをスライドバーで簡単に調整することが出来るので、用途に合わせてすぐに変更して写真や画像を圧縮することが可能と、とっても使いやすいのは魅力の一つです。

PNGOUTツールを利用して最適化する設定


写真や画像を高度な技術で高圧縮する場合に使われるツールで、ファイルサイズにもよりますが圧縮が完了するまで長時間を要す場合があり、スライドバーで圧縮レベルを指定することが出来ます。

また、スライドバーの下にあるチェックボックスにレ点を入れておけば、最適化(圧縮)時間が、1分以上かかった場合には自動的に処理を中断してくれます。

OptiPNGツールを利用して最適化する設定


本アプリ内では中レベルの圧縮ツールであり、PNGOUTツールよりも軽快に動作しスライドバーで圧縮レベルを指定することが出来ます。

また、スライドバーの下にあるチェックボックスにレ点を入れると、画像をインターレース(プログレッシブ)化することが出来ます。

AdvPNGツールを利用して最適化する設定


他のツールよりもファイル圧縮能力は低いですが、動作が軽く高速で圧縮することが出来、スライドバーで圧縮レベルを指定することが出来ます。

JPEGファイルを最適化する設定


jpegファイルの画像品質を変更することで、圧縮率を調整することが出来ます。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら