Zoom It for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.2.2
ReleaseDate: 2011/11/08
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥300
ArtistName: Appatit Inc.
SellerName: Appatit Inc.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 4.6 MB

Macに搭載されている拡大/縮小(トラックパッドやショートカットキー)機能を使って、繊細なグラフィックや画像の編集、プレゼン時の資料説明に拡大して表示するなど、様々な用途で活用されている方は多いと思いますが、全体のバランスを見ながら画面の一部分のみを拡大して編集したい!プレゼン時にトピックや小さな文章やグラフ部分だけを拡大して表示したい!など、画面上の一部分だけを拡大してその形、サイズ、ズーム倍率など自由に調整して使えたらもっと便利に利用出来るのにと思ったことはありませんか?

このアプリは、画面内に表示されているあらゆる物を様々な形、サイズで拡大表示することが出来るので、繊細なグラフィックや画像/写真の編集、プレゼン時の資料説明のトピック部分だけを拡大し全体のバランスを維持しながら様々な用途で使うことが出来る大変優れた拡大鏡アプリなのが特徴です。

ショートカットキーで簡単に拡大鏡を表示して使える


アプリを起動して、ショートカットキー(Option+Z)を押すだけでマウスポインター周辺を最大500%で拡大表示し画面全体のバランスを崩すことなく、マウスで拡大鏡を自由に操作して使うことが出来、ショートカットキーを押下している間のみ拡大鏡を表示したり、常に拡大鏡を表示させるなど用途に応じて便利に使い分けることが可能なシンプルで使いやすいのが魅力の一つです。

様々な形状の拡大鏡を搭載し用途に応じて自由に使える


メニューバーにある本アプリの丸形のアイコンをクリックすることで、拡大鏡の形(Loupe Shape)/倍率(Loupe Zoom)/サイズ(Loupe Size)などを自由に変更(ショートカットキーで調整も可)して使うことが出来ます。

拡大鏡の形は【丸形】【四角形】を切り替え可能で、拡大鏡のサイズを200〜1200p範囲で調整したり、ズーム倍率を100〜500%まで拡大出来るので、対象物や好みに応じて自由に調整して使えるのはMac標準の拡大機能や他のアプリには無い!本アプリだけの機能が大変便利です。

ショートカットキーを自由にカスタマイズすることが出来る


搭載されている様々な機能のショートカットキーは、「Settings」をクリックすることで設定を自由に変更することが出来、Mac起動時に本アプリを自動起動するスタートアップ機能などユーザの使い方に合わせて自由にカスタマイズすることが可能です。

搭載している機能とデフォルトショートカットキー

  • ショートカットキーを押下している時だけ拡大鏡を表示する【Control+z】
  • 常に拡大鏡を表示(ON/OFF)【Option+z】
  • 拡大鏡の形を変更【Control+0】
  • ズームイン【Control+=】
  • ズームアウト【Control+-】
  • 倍率を上げる【Control+]】
  • 倍率を下げる【Control+[】
  • スクリーンショットを撮る【Shift+Command+2】
  • 拡大表示している内容をそのままスクリーンショット出来る


    拡大鏡を操作して画面の一部分だけを拡大表示するだけでなく、ショートカットキー(Shift+Command+2)を押下するだけで「スクリーンショット」をpng形式で撮影して保存することが出来るのは見逃せない機能の一つです。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    AudioSwitcher for Mac

    Kind: mac-software
    Ver: 2.21.1
    ReleaseDate: 2012/10/09
    Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
    Price: ¥100
    ArtistName: Paul O’Neill
    SellerName: Paul O’Neill
    BundleId: $bundleId$
    Currency: JPY
    FileSize: 1.1 MB

    Macに搭載されている標準のマイクやスピーカーでは物足りなくて、複数のサウンドデバイスのスピーカー出力やマイク入力を接続(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)しておいて用途に応じて切り替えて使ったり、MacBook Pro/Airなどのノートパソコンを持ち出して外出先の様々なデバイスに接続するなど、複数のサウンドデバイスを切り替えて使う場合にメニューバーにある「ボリュームアイコン」を「Option」キーを押しながらクリックして、各デバイスやスピーカー出力/マイク入力を選択して使われているかと思いますが、本体で設定しているメインボリュームが固定されていてデバイスを切り替えるたびに、ボリュームを調整しなければならず不便に思ったことはありませんか?

    このアプリは、Macに接続されている複数のサウンドデバイス(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)のスピーカー出力やマイク入力を、メニューバーから簡単に切り替えて使えるだけでなく、設定したボリューム調整やミュートを各デバイスごとに記憶して使うことが出来るのは、Mac標準機能である複数のキー(Option+クリック)を組み合わせて使うよりも大変便利なオーディオ切り替えアプリなのが特徴です。

    メニューバーから複数のサウンドデバイスを簡単に切り替える


    メニューバーに常駐し本アプリの「スピーカーアイコン」をクリックして、Macに接続されている複数のサウンドデバイス(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)からスピーカー出力やマイク入力を個別に指定してマウス操作だけで簡単に切り替えて使うことが出来るのは大変便利です。

    豊富な機能を自由にカスタマイズして便利に使える

    各ボリュームの調整や確認が行いやすいように、各デバイスのボリュームをパーセント(%)かデシベル(DB)単位に切り替えて表示する機能や、Mac起動時に自動的に本アプリも起動するスタートアップ機能など、ユーザの利用方法に合わせて自由にカスタマイズ出来るのは見逃せない機能です。

    複数のサウンドデバイスのボリュームやミュートを記憶する


    Mac標準機能であるサウンドデバイスの切り替え(ボリュームアイコンを「Option」キーを押しながらクリック)時には、メインボリュームに合わせて音量やマイク音が適用されてしまうため、小さなスピーカーから大きなスピーカーに切り替えたりすると音が大きくてびっくりすることがありますが、本アプリの特徴である「各サウンドデバイスのボリュームやミュート設定を記憶する」機能は、個別にスピーカー出力、マイク入力のボリュームやミュートを調整しておくだけで、サウンドデバイスを切り替えたときに調整しておいたボリュームでスピーカーやマイクの入出力されるのは魅力の一つです。

    また、シンプルで使い勝手のよいインターフェイスは、デバイス名、入出力(Input/Output)、接続タイプ(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)が表示されて、沢山のサウンドデバイスが接続されていても解りやすいだけでなく、ボリュームを調整するスライドバーやミュートも一緒に表示されているのは好印象です。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら