GIF Brewery for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.3.4
ReleaseDate: 2011/05/10
Genres: [ビデオ][ユーティリティ]
Price: ¥500
ArtistName: Hello, Resolven
SellerName: Patrick Rogers
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.3 MB

ホームページやブログ、SNS(Facebook/Twitterなど)に動画をアップロードすることは多々ありますが、掲載するWebサイトやSNSには総じてアップロード出来るファイルの種類やサイズに制限が設けられていたり、閲覧する人のデバイスやブラウザーの種類によってうまく動画が表示されずに観ることが出来ないなど、動画を扱うのは少し手間がかかりますよね?

このアプリは、動画やビデオをあらゆるデバイスやWebブラウザーに対応する「GIFアニメーション」に変換することが出来、簡単な操作でトリミングしてファイルサイズやテキストを追加したり、豊富なフィルターを適用してイメージに合ったGIF独特のアニメーションを作成することが可能な大変便利なGIF変換アプリなのが特徴です。

動画やビデオを簡単にGIFアニメーションに変換する


アプリを起動してGIFファイルに変換したい動画ファイルを選択したら、画面下部の「Set Start」をクリックして開始位置を指定し、「Set End」をクリックで終了する位置を選択するだけで、動画を簡単にGIFアニメーションとして保存することが出来ます。

また、画面上部の「Resize」をクリックすれば、スケールや高さ、横幅を調整することが出来、「GIF Production」をクリックして様々な設定を変更、調整することが可能なので、あらゆる用途や目的に合わせて自由にカスタマイズしてGIFアニメーション制作をサポートしているのは魅力の一つです。

テキストの挿入も簡単に行える


動画から変換したGIFアニメーション内に、テキスト(文字)を挿入することも出来、テキストのフォントやサイズ、カラー、位置などを指定して挿入することが可能なので、アニメーションのイメージに合ったテキストを自然な形で表示するなど、様々な表現方法で制作出来るのは大変便利です。

豊富な機能でGIFアニメーションを自由にカスタマイズ


メニューバーにある「Filter」をクリックすることで、豊富な種類のフィルター(Blur/Color Adjyust/Color Effect/Halftone/Sharpne/Stylizeなど)から簡単にGIFアニメーションのイメージを変えることが出来、フレームカウントやループ方法に回数、フェードイン/アウトなど、自由にカスタマイズして様々な用途や目的に適したGIFアニメーション制作を行うことが出来ます。

プレビューモードで内容とファイルサイズを確認しながら作成出来る


動画のトリミングから様々な設定やテキストの挿入などを行ったら、画面上部にある「Create GIF」をクリックすることで制作したGIFアニメーションをプレビューすることが出来、画面左上にファイルサイズを同時に表示してくれるので、アップロードするホームページやブログ、SNS(Facebook/Twitterなど)のファイル制限を超えていないかを確認しながら内容までチェックすることが可能なのは好印象です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

EasyWMV for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.5.6
ReleaseDate: 2011/01/01
Genres: [ビデオ][ユーティリティ]
Price: ¥2,000
ArtistName: Patrice Bensoussan
SellerName: Patrice Bensoussan
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 3.6 MB

インターネットで見つけてダウンロードした動画やデジカメで撮影した動画、友人や知人から貰った動画など、様々なファイル形式の動画をMacで取り込み再生するデバイスに合わせてファイルを変換されると思いますが、Macを使われている方の多くは、Apple製品(iPhone/iPad/iPod/Apple TVなど)で視聴することがほとんどではないかと思います。

このアプリは、様々なファイル形式の動画をiOSやmp4などのApple製品で再生可能なファイル形式に、簡単に変換して保存することが出来、変換したファイルをiTunesライブラリに追加することが可能など、大変便利で役立つ動画変換アプリなのが特徴です。

あらゆる動画をドラッグ&ドロップでiOSで再生可能なファイル形式に変換する。


動画変換に置ける面倒な作業を、Apple製品にターゲットを絞り、シンプルで使いやすいインターフェイスで誰にでも簡単に使うことを可能にし、iTunesライブラリに自動で追加する機能や高速でファイルを変換することが出来るなど、手軽にiOSで動画を楽しめるよう設計されているのが魅力の一つです。

使い方

一つの動画ファイルをiOSに対応したファイルに変換することはもちろん!大量の動画ファイルをまとめてドラッグ&ドロップするだけで設定したファイルに同時に変換することが出来るのが大変使いやすい。

1、変換するファイル形式を設定する

アプリを起動して画面上部にある「インスペクタ」をクリックして、形式(iPhone/iPod/iPod touch/mp4/mpg)、サイズ、ビットレート、オプション(アスペクト比の保持/背景を黒にする/インタレース解除/H.264 エンコーディング)の有無を、好みに応じて設定します。

2、変換する動画ファイルをドラッグ&ドロップで取り込む

1の設定が完了したら、本アプリのメインウィンドウに変換したい動画ファイルを選択してドラッグ&ドロップするだけで、設定した内容で動画ファイルを変換して保存することが出来ます。

便利な機能と設定

変換した動画ファイルの保存場所は、変換元のファイルと同じフォルダか指定したフォルダに保存することが出来、変換中に他の作業を行っているときに警告音で完了通知を表示する設定や変換した動画ファイルをiTunes ライブラリに自動で追加したり、プレイリストを新規で作成して自動保存するなど、動画ファイルをMacで管理するのに便利な機能と設定を多数搭載しています。

対応しているファイル形式

asf、avi、flv、m4v、mp4、mpg、mpeg、mov、nsv、swf(非圧縮)、vob、wmvなど

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら