MailPopup Pro for Gmail-Gmailのアシスタント for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.06
ReleaseDate: 2013/11/09
Genres: [仕事効率化][ユーティリティ]
Price: ¥200
ArtistName: Fangcheng Yin
SellerName: Fangcheng Yin
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 668 KB

無料でメールアドレスを作成することが出来る「Gmail」は、インターネットに接続さえ出来ればデバイスを選ばずに使うことが可能なので、ビジネスからプライベートまで様々な用途や目的で利用されている方は多いかと思いますが、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン/タブレットであれば、Gmail専用のアプリや標準のメールにIMAPを設定して、リアルタイムにメールを受信して通知や音で知らせてくれて便利なのですが、Macの場合は、基本的にWebブラウザー(Safari/FireFoxなど)で開いて、都度ログインして使わなければならないばかりか、受信時の通知や音がなくて少し不便に感じたことはありませんか?

このアプリは、メニューバーに常駐してMacで「Gmail」をウィンドウを増やさずにiPhone/iPadなどのスマートフォンやタブレットのようなシンプルで使いやすいインターフェイスで使うことが出来、メールの作成や送受信、添付ファイルなどはもちろん!リアルタイムでメールを受信してメッセージ通知やアラート音で知らせてくれる大変便利なGmailクライアントアプリなのが特徴です。

メニューバーから簡単にGmailを使えてシンプルで使いやすいインターフェイス


メニューバーに常駐しアイコンをクリックするだけでGmailを使うことが出来、iPhone/iPad専用アプリのようなシンプルで使いやすいインターフェイスと、大きなウィンドウで見やすく作業性が高いデスクトップモード(WebブラウザーでGmailを開いているようなインターフェイス)を搭載し、1クリックでモードを切り替えて表示し便利に使うことが出来るのは魅力の一つです。

メール受信時にはアイコンカラーが変化してメッセージ通知とアラート音で知らせる


リアルタイムでメニューバーにある本アプリのアイコンのカラーが通常時の「ブラック」から「レッド」に変化し、ポップアップウィンドウ通知とアラート音で、Gmailのアドレスにメールを受信したことを知らせてくれる機能を搭載し、ビジネスで利用していたり緊急時のメールを見逃すこと無くGmailをチェック出来るのは大変便利です。

「Google+」や「Google Talk」も使える


タブを切り替えるだけで「Gmail」から「Google+」を表示することが出来、「Google Talk」にも対応してるので、メールだけでなくGoogleが提供する各サービスをこれ一つで使えるのは好印象です。

また、ショートカットキーを設定すれば、マウス操作なしでウィンドウを開くことが出来、メール受信時のアイコンカラー、ポップアップウィンドウ通知、アラート音の有無やメール作成時のスペルチェック機能、Mac起動時に自動的に本アプリを起動する設定など、ユーザの使い方に合わせて自由にカスタマイズすることが出来るのは見逃せない点です。

ウィンドウサイズや透明度を自由にカスタマイズ出来る


Gmailの特徴的なメール検索機能もそのままに!検索時の入力を予測して表示し入力を強力にサポートする機能やサイズ変更が可能なタブウィンドウで作業時の視認性と操作性を格段に向上し、画面下部にある「透明度コントロールスライダー」で、ウィンドウの透明度を簡単に調整して、他のウィンドウを参照しながら使うことが出来ます。

デスクトップモードならウィンドウ内でチャットも出来る


スマートフォンやタブレットのようなシンプルなインターフェイスから大画面で見やすく使いやすいデスクトップモードなら、ウィンドウ内にチャット専用のウィンドウを表示させて、メールチェックや作成を行いながらリアルタイムで友人や知人とチャットを楽しむことが出来ます。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

MenuMate for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.1
ReleaseDate: 2012/05/10
Genres: [仕事効率化][ユーティリティ]
Price: ¥500
ArtistName: Alice Dev Team
SellerName: Yevgeniy Muravyev
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 472 KB

ディスプレイ上部に固定されている「メニューバー」ですが、マウスの操作範囲が広い大画面のディスプレイや複数のディスプレイを使用している場合に、アクティブなアプリやソフトのウィンドウ内で作業を行っていて、メニューバー内にある様々な機能(ファイル/表示/ヘルプなど)をクリックするために、ディスプレイ上部のメニューバーまでマウスを操作して、行ったり来たりと作業効率が悪くて面倒に思ったことはありませんか?

このアプリは、アクティブなアプリやソフトのメニューバーに表示されている項目を、設定したショートカットキーを押下するだけで、マウスカーソルのすぐ側に表示することが出来るので、マウスの操作範囲が広い大画面のディスプレイや複数のディスプレイなど、画面上部にあるメニューバーまでマウスを操作せずに簡単にアクセスして使うことをサポートするメニューバーアプリなのが特徴です。

メニューバーの内容をマウスカーソルの側に表示する


アクティブウィンドウになっているFinderやソフト、アプリなど、ディスプレイ上部に表示されているメニューバーの項目を、マウスを動かさずにマウスポインターの側に表示して使うことが出来るので、マウスを動かしてメニューバーと作業ウィンドウを行ったり来たりすることなく、効率良く作業を進められるのは大変便利です。

ショートカットキーを自由にカスタマイズ


メニューバーにある本アプリのかわいい「タコ」のアイコンをクリックして、「ホットイーコンビネーション」を選択し画面に表示されるウィンドウ内のタコ図柄の右側にある枠内に、メニューバーを表示するショートカットキーを入力(複数の組み合わせ可>例:command+H)して「OK」ボタンをクリックするだけで、簡単にショートカットキーを設定することが出来るシンプルな設計となっており、作業を行うアプリやソフトに合わせて自由にカスタマイズして使えるのは魅力の一つです。

また、使っているマウスに左右ボタン以外のボタンがあるもの(例:Magic Mouseなど)であれば、そのボタンを使ってマウスポインターの側にメニューバーの項目を表示することが出来るのも見逃せない機能です。

(Mac標準のマウス設定では、マウスの左右キー以外の操作や設定が出来ないので、「BetterTouchTool」を入れて別途設定する必要があります)

使い方

ショートカットキーで使う

アプリを起動してショートカットキーの設定さえしておけば、設定したショートカットキーを押下するだけでマウスポインターの側にメニューバーの項目を表示して使うことが出来ます。

マウスで使う

メニューバーに表示されている本アプリのタコアイコンをクリックして、「マウスボタン(#3)」を選択し画面に表示されるウィンドウ内のタコの図柄の上にマウスポインターを置いて、設定したいマウスのボタンを押下するだけで簡単に設定することが出来、その後は設定したマウスのボタンを押下するだけでマウスポインターの側にメニューバーを表示してくれるので、マウスに左右キー以外のボタンがあるものやトラックパッドを使っていて、ショートカットキー以外で使いたい方にも対応する高い汎用性が好印象です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら