Cheetah3D for Mac

Kind: mac-software
Ver: 6.2.1
ReleaseDate: 2010/12/16
Genres: [グラフィック&デザイン][仕事効率化]
Price: ¥9,800
ArtistName: Martin Wengenmayer
SellerName: Martin Wengenmayer
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 32.2 MB

iPhone/iPadアプリのアートワークやアニメーションキャラクター制作など、3Dアニメーション/モデリング/レンダリングが初めての方からプロの方まで多機能で豊富なツールの数々であらゆるグラフィックスを簡単に制作することを可能にしシンプルで使いやすいインターフェイスが特徴です。

<豊富なモデリングツール>

ポリゴン/サブディビジョンサーフェス/スプラインの豊富なモデリングツールの数々は、初心者でも作業を集中して行えるよう配慮されたインターフェイスと豊富な機能でイメージ通りの制作をサポートします。

・モデリングとは・・・?
物体の形状を制作することで、物体の表面の質感や特殊効果を入れる前の各頂点の座標の決定や、境界線・面を表現する方程式のパラメータの決定など、物体を形成し決めていくこと。

<楽しいUV編集と自由なアニメーション>

◎楽しいUV編集
ノードベースのマテリアルシステムと組み合わせた強力なUVエディタで、イメージに合わせてペイントやテクスチャを簡単に追加することが出来ます。

・UV編集とは・・・?
物体(キャラクター)をモデリングした後の飾り付けで、ペイントやテクスチャを付けたりすることで物体をよりリアルに表現すること。

◎自由なアニメーション
物体のどの部分でも思い描いていたイメージ通りの動きをシームレスに統合されたアニメーションシステムがサポートし簡単にキャラクターに息吹や躍動感を与えることが出来ます。

<便利な物理エンジンBullet(バレット)>

リアルで忠実な動きを再現する物理エンジンBullet(バレット)を搭載し、水や風などの自然な流れや動きを数クリックで再現し設定した処理内容やキャラクターの動きみながら調整するなどに大変便利です。

<高度なレンダリング>

高度な技術を使用しレイトレーシング、グローバルイルミネーション、HDRI、コースティクスなどで、物体(キャラクター)に立体的なカラーや影などをつけ、素晴らしい3Dグラフィックアニメーションが完成します。

・レンダリングとは・・・?
数値データの演算により、画像を生成し表示させることで、立体物に色や陰影を付けて立体的で遠近感などを表現すること。

<柔軟な拡張性とファイル互換>

使いやすいようにカスタマイズ可能なオブジェクトやツールはJavascript APIで簡単に自由に拡張することが出来、一般的な3Dグラッフィクやアニメーションで使われるファイル形式(fbx/stl/3ds/objなど)に対応しエクスポートやインポートして共有したり、作成した3Dアニメーションやキャラクターなどを画像や動画ファイル(jpg/tiff/png/movなど)形式で共有するも可能です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>