Osciroi – オフラインブログ for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.0.6
ReleaseDate: 2010/12/30
Genres: [ライフスタイル][仕事効率化]
Price: ¥200
ArtistName: DOTAPON Software
SellerName: Hiroki Kokubun
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.6 MB

個人や企業など情報を発信するのに手軽に始められるブログが一般的になり、多くの方が一度はブログを始めたことがあると思いますが、ブログに書く内容はインターネット上に公開されるため、友人や知人だけでなく不特定多数の方が訪れてその内容を見ることが出来るので、FacebookなどのSNS同様に記事の内容や表現方法に注意して書かなければならず、自由に素直な気持ちを表現して残しておくのには不向きです。

このアプリは、インターネット上に公開するのではなく!ブログの便利な機能をそのままに、Mac内だけに保存して使うことが出来るので、不特定多数の方にブログの内容を公開する事無く自分だけが楽しめるブログを作成したり、誰にも見られないようパスワードを設定して記事の閲覧や編集が出来ないようセキュリティ対策も可能と日々の様々な出来事や記録を書き溜めるのに適したオフラインブログアプリなのが特徴です。

シンプルで使いやすいインターフェイス


ブログと同様に記事の投稿はもちろん!カレンダー機能で記事を作成した日付が一目で分かり、日付をワンクリックで記事を開く事が出来、画面上部に記事の作成や検索するためのアイコンを配置して必要な機能だけを搭載し誰にでもすぐに使い始められる設計で、日記だけでなくウォーキングやランニングなど様々な記録を残したりと、記事の内容やテーマを自由に決めて便利に使うことが出来る高い利便性と汎用性が魅力のアプリです。

記事をタグで分類して管理出来る


作成した記事の一つ一つに、タグを設定して記事を管理したり分類することが出来るので、複数のテーマ(例:自分の日記、子供の成長記録、旅の記録)で記事を作成して保存していても、後で読み返したい場合や修正したい場合などに、タグを選択して検索するだけで目的の記事を一覧で表示して使うことが出来るのは好印象です。

豊富なテーマからブログをデザイン出来る


ブログはプレーンでシンプルなデザインも良いですが、アプリ内に収録されている豊富なテーマ(8種類)から自由に選択してブログのデザインを変更する事が出来るだけでなく、デザインは季節や用途などいつでも簡単に変更してブログの雰囲気を楽しく彩ることが出来ます。

記事内に写真や画像、リンクなども自由使って作成出来る


記事内には、文章(テキスト)だけでなく写真や画像を自由にいれてデザインすることが出来、関連するインターネットのホームページやブログなどのリンクをテキストリンクで作成して保存することが可能と、見ていて楽しい記事を作成するだけでなく外部リンクから記事内の情報を補足しておいたり、友人や知人のブログへのリンクを入れておくなど便利に使うことが出来ます。

また、写真や画像の挿入には、画面上部にある画像アイコンからファイルを選択するだけで記事に取り込むことが出来、テキストリンクもリンクアイコンをクリックしてWebページのURLを入力すればコードを自動的に作成して記事内に反映するなど、htmlの知識が無くても誰にでも簡単に使うことが出来る設計となっています。

その他の機能

セキュリティ対策機能

便利なセキュリティ対策機能を使って、誰にも見られたくない自分だけの秘密を記事にしている場合や編集されたくない場合などに、記事の閲覧や編集が行えないよう、パスワードを設定して保存するだけで簡単にセキュリティ対策が行え誰にも見られる事無く安心して保存しておく事が出来ます。

バックアップや移設も簡単に出来る

ブログ内に作成した記事は、全てテキスト形式で保存されているので、コピーして外部ストレージに保存しバックアップしておいたり、ブログとして新たにインターネット上に公開したい場合にも、テキストファイルと画像ファイルを新しいブログにエクスポートするだけで簡単に移設することが出来ます。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>