MenuMate for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.1
ReleaseDate: 2012/05/10
Genres: [仕事効率化][ユーティリティ]
Price: ¥500
ArtistName: Alice Dev Team
SellerName: Yevgeniy Muravyev
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 472 KB

ディスプレイ上部に固定されている「メニューバー」ですが、マウスの操作範囲が広い大画面のディスプレイや複数のディスプレイを使用している場合に、アクティブなアプリやソフトのウィンドウ内で作業を行っていて、メニューバー内にある様々な機能(ファイル/表示/ヘルプなど)をクリックするために、ディスプレイ上部のメニューバーまでマウスを操作して、行ったり来たりと作業効率が悪くて面倒に思ったことはありませんか?

このアプリは、アクティブなアプリやソフトのメニューバーに表示されている項目を、設定したショートカットキーを押下するだけで、マウスカーソルのすぐ側に表示することが出来るので、マウスの操作範囲が広い大画面のディスプレイや複数のディスプレイなど、画面上部にあるメニューバーまでマウスを操作せずに簡単にアクセスして使うことをサポートするメニューバーアプリなのが特徴です。

メニューバーの内容をマウスカーソルの側に表示する


アクティブウィンドウになっているFinderやソフト、アプリなど、ディスプレイ上部に表示されているメニューバーの項目を、マウスを動かさずにマウスポインターの側に表示して使うことが出来るので、マウスを動かしてメニューバーと作業ウィンドウを行ったり来たりすることなく、効率良く作業を進められるのは大変便利です。

ショートカットキーを自由にカスタマイズ


メニューバーにある本アプリのかわいい「タコ」のアイコンをクリックして、「ホットイーコンビネーション」を選択し画面に表示されるウィンドウ内のタコ図柄の右側にある枠内に、メニューバーを表示するショートカットキーを入力(複数の組み合わせ可>例:command+H)して「OK」ボタンをクリックするだけで、簡単にショートカットキーを設定することが出来るシンプルな設計となっており、作業を行うアプリやソフトに合わせて自由にカスタマイズして使えるのは魅力の一つです。

また、使っているマウスに左右ボタン以外のボタンがあるもの(例:Magic Mouseなど)であれば、そのボタンを使ってマウスポインターの側にメニューバーの項目を表示することが出来るのも見逃せない機能です。

(Mac標準のマウス設定では、マウスの左右キー以外の操作や設定が出来ないので、「BetterTouchTool」を入れて別途設定する必要があります)

使い方

ショートカットキーで使う

アプリを起動してショートカットキーの設定さえしておけば、設定したショートカットキーを押下するだけでマウスポインターの側にメニューバーの項目を表示して使うことが出来ます。

マウスで使う

メニューバーに表示されている本アプリのタコアイコンをクリックして、「マウスボタン(#3)」を選択し画面に表示されるウィンドウ内のタコの図柄の上にマウスポインターを置いて、設定したいマウスのボタンを押下するだけで簡単に設定することが出来、その後は設定したマウスのボタンを押下するだけでマウスポインターの側にメニューバーを表示してくれるので、マウスに左右キー以外のボタンがあるものやトラックパッドを使っていて、ショートカットキー以外で使いたい方にも対応する高い汎用性が好印象です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

Switcher for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.0
ReleaseDate: 2014/07/08
Genres: [仕事効率化]
Price: ¥100
ArtistName: Dear Panda LLC
SellerName: Dear Panda LLC
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.1 MB

Macで複数のアプリケーション(Safari/Finder/App Store/iTUnesなど)を開いて作業をしているときに、CPUやメモリ消費の高い動画編集ソフトや開発アプリなどを使っていたり、開いているウィンドウの数が多すぎるなど、Macの動作が重くなったり、処理速度が低下したときには、各ソフトやアプリが使っているCPU占有率やメモリ使用量を簡単に確認出来たら便利だと思いませんか?

このアプリは、複数のウィンドウを開いてアクティブな作業ウィンドウを切り替えるのに便利なショートカットキー(Command+Tab)を使ったときに表示されるアプリケーションアイコンの下に、個別にCPU占有率やメモリ使用量を同時に表示してくれるので、Macの動作が重くなったり、処理速度が低下する前に、使わないアプリやソフトを終了してCPUやメモリの負荷を軽減してMacを快適な環境で使用することをサポートしてくれる大変便利なスウィッチャー上位互換アプリなのが特徴です。

ウィンドウ切り替え時に各アプリケーションのCPUやメモリ状況が確認出来る


複数のウィンドウを開きながら、アクティブなウィンドウを切り替えるのに便利なショートカットキー(Command+Tab)を押下しているときに表示される、各アプケーションアイコンの下に、CPU占有率とメモリ消費量を数値で一緒に表示してくれるので、Macの動作が重くなったり、処理速度が低下する前に、CPUやメモリに高い負荷をかけているソフトやアプリを終了したり、再起動することで、常にMacを快適な環境で使うことをサポートする大変便利なアプリです。

また、使い方もアプリを起動しておくだけで、Mac標準機能である「スウィッチャー」に、CPU使用率とメモリ消費量を数値で一緒に表示してくれるので、面倒な設定や操作を必要とせずに、これまで通りの操作方法で簡単に使うことが出来るのは魅力の一つです。

表示するスウィッチャーの位置を自由にカスタマイズ出来る


Mac標準の「スウィッチャー」は画面中央に大きく表示しますが、本アプリを使うことで表示する位置を「上部」「中央」「下部」に自由に変更することが出来るので、作業の邪魔にならない位置に設定したり、ユーザの好みに応じて自由にカスタマイズ出来るのは見逃せない機能です。

スウィッチャー画面で各アプリを「終了」「強制終了」「再起動」まで可能な役立つ便利な機能を多数搭載


スウィッチャー画面で、CPU占有率やメモリ消費量を確認しながら、各アプリの「終了」「強制終了」「再起動」を設定したキー(例:終了>Q、強制終了>F、再起動>Rなど)を押下するだけで行うことが出来るので、アプリを開いて終了したり、マウス操作を必要とせずに効率良く作業することをサポートしてくれるのは大変便利です。
(注意:本機能は、本アプリの公式サイトにある無料の「SwitcherQuitter」をダウンロードしてインストールする必要があります。)

その他にも、Mac起動時に自動的に本アプリを起動する「スタートアップ」設定やウィンドウを切り替えるショートカットキーを自由に変更する設定、ウィンドウの位置を指定する設定など、ユーザの使い勝手に合わせていつでも簡単に設定を変更して使うことを可能にするシンプルなインターフェイスは好印象です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら