HyperDock for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.4
ReleaseDate: 2011/07/20
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥1,000
ArtistName: Christian Baumgart
SellerName: Christian Baumgart
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.4 MB

MacのDock機能はよく使うアプリを登録しておいて、すぐにアクセスを可能にし作業している時でも瞬時に表示して起動しているアプリ間をスムーズに切り替えるので使いやすくて便利ですが、同一のアプリで複数のファイルを開いて作業をしているときには、切り替えることはもちろん!何のファイルをいくつ開いているかが分からなくて不便に思ったことはありませんか?

このアプリは、アプリ単位で表示するMac標準のDock機能にアプリをマウスオーバーするとファイル単位でプレビュー表示することが出来、そのままウィンドウの切り替えやマウスを使わずにタブで切り替えることが出来るのはもちろん!Windows7のようにウィンドウをドラッグして画面の上下左右に持って行くことで、ウィンドウ画面を1/2、1/4に整理して並べて表示出来るなど、自然な操作性で使いやすくMacの利便性や作業効率が飛躍的に向上するのが特徴です。

<見やすくて使いやすい!>

インターネットをSafaliで見ているときに複数のページをタブで開くことは良くありますが、Mac標準のDock機能ではSafaliのアイコンが強調される程度で、タブ切り替えにはSafaliを開いてから行う必要があります。

このアプリを導入することでアプリ内の開いているファイルやタブ、ページなどが、Dockから一目で分かるだけでなく画面をそのまま切り替えることが出来るので、複数のページを見る時や複数のファイルを使っているときなどに大変便利に使うことが出来ます。

<豊富な機能>
マウスオーバー時に表示するウィンドウプレビュー機能は、アクティブなアプリ(画面に表示しているもの)だけでなく、最小化されているものにも対応しているので、使っているファイルのみを表示しながら画面を効率良く使うことが出来ます。

・iTunes
iTunesで音楽を再生しながら作業をしているときに、DockからiTunesのアイコンにマウスを当てることで曲の再生/停止、スキップや一時停止を行うことも可能になるので、作業中にちょっと操作するのに画面に不要なものを表示せずにMacが使いやすくなるのも利点の一つです。

・iCal
カレンダーにスケジュールを登録しておいて、Dockにカレンダーを入れておけば登録されたイベントをサッと確認することが出来るので、仕事中に電話が鳴って相手とのスケジュール調整時には片手でマウスを当てるだけで予定を見て瞬時に調整出来るのは作業効率化を図る上でも重宝します。

・画面のリサイズ
Windows7から導入されたウィンドウをドラッグして画面の上下左右に持って行くことで、画面サイズに合わせて開いているウィンドウを1/2や1/4にリサイズする機能を本アプリにも搭載し、複数のウィンドウやファイルを開いて作業を行っている際に簡単なマウス操作で画面サイズに合わせて表示させ、きれいに整理された状態で作業を行えるのは大変便利です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

LEAFO for Mac

Kind: mac-software
Ver: 3.1.5
ReleaseDate: 2011/12/04
Genres: [写真][グラフィック&デザイン]
Price: ¥2,000
ArtistName: LEGATO Co.,Ltd.
SellerName: LEGATO Co.,Ltd.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 7.6 MB

iPhoto/デジカメ/iPhone/iPadなどからケーブルをつなぐだけで簡単に取り込み、沢山の写真を画面いっぱいに複数開いて写真を閲覧可能でアルバムのように写真を自由に移動して整理することが出来、複数の写真を並べて1枚にサムネイルのように印刷する機能など写真を扱うのに便利な機能を多数搭載しシンプルな操作性とインターフェイスで誰にでも使うことが出来るのが特徴です。

<シンプルな操作性>

シングルクリックだけで写真を扱え、マルチタッチ2本指で写真の拡大/縮小/回転、3本指を横で送り/戻しなど、実際の写真をアルバムなどに整理するかのように、写真/アルバム/アルバムボックスと3階層で管理するフォルダ形成はシンプルな操作性と管理を意識した設計で、パソコンが苦手な人でも思い通りの操作を可能にし、大量の写真を扱うプロカメラマンであれば作業の効率が向上する画期的な設計となっています。

・3階層管理のそれぞれの機能
【写真画面】※写真に対する動作
撮影した写真のサイズに合わせて自動で画面を表示し、画面内でBGM付きのスライドショーや編集ボタンで編集可能なアプリで開いたり動画を表示などを行う画面となっています。

【アルバム画面】※1つのアルバム”内”に対する動作
写真をサムネイルにして表示しワンクリックで写真を開き、ファインダ連動のラベルでマーキングやドラッグして好きな順に並び替え、似た順並び替え、ファイル名の連番化するなどが行える画面です。

【アルバムボックス画面】※アルバムに対する動作
アルバムをサムネール表示しアルバムのサムネール用の写真をアルバムウインドウからドロップで変更したり、アルバム名の変更やアルバムを一覧表示するなどが行える画面です。

<シンプルなインターフェイス>

画面に沢山の写真を同時に開いても次の写真に移動や印刷、自動再生などの必要な機能を画面上部にわかりやすいアイコンで配置されたシンプルで見やすく使いやすいインターフェイスは、写真を見るのに最適化された設計となっています。

<豊富に選べるテーマ>

アルバム内や写真のまわりなど無機質になりがちな部分をアプリ内にある豊富なテーマから自由に設定して写真やアルバムを引き立たせたり楽しんだりすることが出来ます。

<多彩で便利な印刷機能>

写真を印刷する際に個別に日時や番号、コメント、ページ番号などを追加したり、1枚のシートに複数の写真をレイアウトしてサムネイル印刷するなど多彩で便利な印刷機能を簡単な操作で使うことが出来るので、シートを節約し沢山の写真をまとめて印刷して友人や仲間などに渡して、欲しい写真を選んでもらうなどに大変便利に使える機能です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら