Zoom It for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.2.2
ReleaseDate: 2011/11/08
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥300
ArtistName: Appatit Inc.
SellerName: Appatit Inc.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 4.6 MB

Macに搭載されている拡大/縮小(トラックパッドやショートカットキー)機能を使って、繊細なグラフィックや画像の編集、プレゼン時の資料説明に拡大して表示するなど、様々な用途で活用されている方は多いと思いますが、全体のバランスを見ながら画面の一部分のみを拡大して編集したい!プレゼン時にトピックや小さな文章やグラフ部分だけを拡大して表示したい!など、画面上の一部分だけを拡大してその形、サイズ、ズーム倍率など自由に調整して使えたらもっと便利に利用出来るのにと思ったことはありませんか?

このアプリは、画面内に表示されているあらゆる物を様々な形、サイズで拡大表示することが出来るので、繊細なグラフィックや画像/写真の編集、プレゼン時の資料説明のトピック部分だけを拡大し全体のバランスを維持しながら様々な用途で使うことが出来る大変優れた拡大鏡アプリなのが特徴です。

ショートカットキーで簡単に拡大鏡を表示して使える


アプリを起動して、ショートカットキー(Option+Z)を押すだけでマウスポインター周辺を最大500%で拡大表示し画面全体のバランスを崩すことなく、マウスで拡大鏡を自由に操作して使うことが出来、ショートカットキーを押下している間のみ拡大鏡を表示したり、常に拡大鏡を表示させるなど用途に応じて便利に使い分けることが可能なシンプルで使いやすいのが魅力の一つです。

様々な形状の拡大鏡を搭載し用途に応じて自由に使える


メニューバーにある本アプリの丸形のアイコンをクリックすることで、拡大鏡の形(Loupe Shape)/倍率(Loupe Zoom)/サイズ(Loupe Size)などを自由に変更(ショートカットキーで調整も可)して使うことが出来ます。

拡大鏡の形は【丸形】【四角形】を切り替え可能で、拡大鏡のサイズを200〜1200p範囲で調整したり、ズーム倍率を100〜500%まで拡大出来るので、対象物や好みに応じて自由に調整して使えるのはMac標準の拡大機能や他のアプリには無い!本アプリだけの機能が大変便利です。

ショートカットキーを自由にカスタマイズすることが出来る


搭載されている様々な機能のショートカットキーは、「Settings」をクリックすることで設定を自由に変更することが出来、Mac起動時に本アプリを自動起動するスタートアップ機能などユーザの使い方に合わせて自由にカスタマイズすることが可能です。

搭載している機能とデフォルトショートカットキー

  • ショートカットキーを押下している時だけ拡大鏡を表示する【Control+z】
  • 常に拡大鏡を表示(ON/OFF)【Option+z】
  • 拡大鏡の形を変更【Control+0】
  • ズームイン【Control+=】
  • ズームアウト【Control+-】
  • 倍率を上げる【Control+]】
  • 倍率を下げる【Control+[】
  • スクリーンショットを撮る【Shift+Command+2】
  • 拡大表示している内容をそのままスクリーンショット出来る


    拡大鏡を操作して画面の一部分だけを拡大表示するだけでなく、ショートカットキー(Shift+Command+2)を押下するだけで「スクリーンショット」をpng形式で撮影して保存することが出来るのは見逃せない機能の一つです。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    Screenshot Plus for Mac

    Kind: mac-software
    Ver: 1.5
    ReleaseDate: 2013/07/28
    Genres: [ユーティリティ][グラフィック&デザイン]
    Price: ¥200
    ArtistName: Hyrax Inc.
    SellerName: Hyrax Inc.
    BundleId: $bundleId$
    Currency: JPY
    FileSize: 2.1 MB

    Macに表示している画面をスクリーンショットするときには、複数のキー(Command+Shift+4+Spaceなど)を押下して行ったり、マウスで範囲を指定して行いますが、ファイル名やファイル形式、保存場所が固定されているので、都度スクリーンショットした画像の編集をしなければならず、まとめて沢山のスクリーンショットを撮りたいときには作業効率が悪くて困ったことはありませんか?

    このアプリは、メニューバーから簡単な操作で様々なスクリーンショットを撮影することが出来、ワークフロー登録でファイル名/ファイル形式/保存場所などを自由に設定して使え、時間差スクリーンショットで撮りたい画像を簡単に撮影することが可能と大変便利なスクリーンショットアプリなのが特徴です。

    マウス操作で様々なスクリーンショットが簡単に撮れる


    メニューバーに常駐しているアイコンをクリックして、登録されたワークフローを選択するだけで、簡単にスクリーンショットを撮ることが出来、スクリーンショット時のファイル名、ファイル形式(jpg/png/tiff/gif/pdf)、保存場所(クリップボードも可)、撮影後に指定したアプリで開く、スクリーンショット内にマウスを入れるなど詳細に設定することが可能で、撮影時の微妙なマウスの位置調整なども時間差スクリーンショットで簡単に撮影することが出来るので、複雑で使いづらいキー操作によるスクリーンショットで失敗して何度もやり直したりすることなく便利に使えるのが魅力のアプリです。

    スクリーンショットのパターンをワークフロー登録で自動化


    ユーザの利用に合わせてスクリーンショットのパターンをワークフローに登録することで、スクリーンショット時のファイル名、ファイル形式(jpg/png/tiff/gif/pdf)、保存場所(クリップボードも可)、撮影後に指定したアプリで開くなどを全て自動で行ってくれます。

    各設定項目

  • ワークフロー名
     メニューバーから選択するときに表示される名前
  • ファイル名
     スクリーンショットしたファイルを保存する時のファイル名
  • フォーマット
     スクリーンショットしたファイルの形式(jpg/png/tiff/gif/pdf)から選択可能
  • スクリーンショットの種類
     全画面、時間差、ウィンドウ、ドラッグから選択可能
  • 保存先
     フォルダやデスクトップなどを自由に指定可能
  • 次のアプリケーションで開く
     スクリーンショット撮影後に自動で開くアプリケーションを指定可能
  • クリップボードに保存
     スクリーンショットした画像をクリップボードに保存する
  • ファイル名に形式を指定して年月日を自動で入れる


    撮影したスクリーンショットを時系列で保存しておきたいときに、ファイル名に年月日の形式を指定(例:yyyy/mm/dd・yyyy年mm月dd日など)することが出来るので、連続でスクリーンショットを撮影しても後で撮影した順番から目的のスクリーンショットを探すことが出来ます。

    撮りたい画面を時間差スクリーンショットで簡単にキレイに撮れる


    複数のウィンドウをアレンジして開いてスクリーンショットを撮影するのに便利な「時間差スクリーンショット」機能は、クリック後に設定した(秒単位で指定可)タイミングでスクリーンショットを撮影することが出来、マウスを含めるかの指定、ログイン時に自動起動、撮影音の有無、本アプリのメニューを非表示で撮影するかの有無など、スクリーンショットを使うときに便利な機能を多数搭載し高い操作性で作業効率が向上する大変優れたスクリーンショットアプリです。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら