Lingon 3 for Mac

Kind: mac-software
Ver: 3.1.3
ReleaseDate: 2011/09/04
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥500
ArtistName: Peter Borg Apps AB
SellerName: Peter Borg Apps AB
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 887 KB

設定したソフトや動作を指定してバックアップを定期的に実行したりする場合に、Windowsであれば標準で搭載している「タスクスケジューラー」を使うことで簡単に設定して実行出来ますが、Macの場合はLaunchdにxml形式のファイルにスクリプトコードを記述しコマンドを実行する必要があり、コマンドに対して慣れている方であれば良いのですが、Mac初心者やスクリプト?コマンド?となる方など手軽さや簡単にとは行きませんよね?

このアプリは、ソフト/アプリやファイルなどを指定してログイン時、ボリュームをマウント時、定期的に実行、指定時間に実行、指定したファイルを更新した時に実行など、スクリプトコードを記述したりコマンドの実行をせずに、Windowsの「タスクスケジューラー」のように、簡単に指定して設定することが出来る大変便利なタスクスケジューラーアプリなのが特徴です。

Macでタスクスケジューラーが簡単に設定出来る


アプリを起動して、実行したいタスクのファイルパスと実行する契機(トリガー)を登録するだけで簡単に設定することが出来、複数のタスクを何個でも登録して実行することはもちろん!設定してしまえばバックグラウンドでタスクを実行するので、定期的にバックアップを実行したり、ログイン時に毎回開くソフトやアプリを指定しておいたり、ファイル更新時やマウントのログなど、様々な用途に使えて自動で実行しておけるのは大変便利です。

また、沢山のタスクを登録してもタスク名とファイルパスを一覧で表示しスケジュールされた内容を確認することが出来、各タスクをクリックすればそのまま設定内容を変更したり削除するなども簡単に行うことが可能です。

Automatorを使って複雑な動作も全て自動で処理出来る

Macに標準搭載している「Automator」機能を使って、自動で処理したい動作を順番にドラッグ&ドロップでワークフローとして作成し、DVDを作成したら自動で取り出しを実行やFinder内のファイルのフォントを変更して自動で印刷、iTunesを起動したらボリュームを自動で変更、ソフトやアプリのダウンロード後に自動でインストール、SQL/シェルスクリプトの実行など、Macの様々な機能や設定を複雑な条件をワークフローとして保存し、本アプリのタスクスケジュールにワークフローを登録するだけで、様々な用途や目的に合わせてあらゆる動作を自動で行うことを可能にし、処理が漏れることもなく確実に実行してユーザーの利便性を格段に向上することが出来ます。

豊富な機能

タスクは、タスクごとに名前を自由に設定することが出来、実行したいファイルパスを直接入力したり、「Choose」をクリックしてファイルのダイアログを開いて指定することも可能となっており、実行するトリガーは以下の項目から簡単に指定することが出来ます。

タスクを実行するトリガー(タイミング)の種類

  • 【ログイン時】
    現ユーザアカウントでログインした時に実行する
  • 【指定ファイルがアクティブの時】
    指定しているファイルがアクティブの時に実行する
  • 【ボリュームをマウント時】
    外付けHDD/SSD、SDカード、インストーラーなどMacにボリュームマウントされた時に実行する
  • 【定期的に実行】
    入力された数値の日/時/分単位で実行する
  • 【指定時間に実行】
    毎月/週/日単位で指定した時間に実行する
  • 【ファイルを更新した時】
    指定したファイルを更新された時に実行する
  • システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    mSecure – Password Manager for Mac

    Kind: mac-software
    Ver: 3.5.3
    ReleaseDate: 2011/01/14
    Genres: [仕事効率化][ライフスタイル]
    Price: ¥2,000
    ArtistName: mSeven Software, LLC
    SellerName: mSeven Software, LLC
    BundleId: $bundleId$
    Currency: JPY
    FileSize: 11.1 MB

    大切な資産や個人情報などを管理したり使用するために必要な様々な認証番号やID(銀行の口座番号/クレジットカード番号/ネットバンクのID/WebサービスのログインIDなど)、それらの個人情報を守るためのセキュリティ対策として重要なパスワードですが、IDとパスワードを忘れないために使い回している方が多く、昨今ではそのIDとパスワードの使い回しによって、各サービスを提供している企業から個人情報を含む漏洩事故が発生した際に、その中のIDとパスワードを使って他の機関やサービスにもアクセスを試みて不正なログイン事件が多発しているのをご存知ですか?

    問題となるのはIDとパスワードを忘れないために使い回していることによって、どれか一つの機関やサービスを提供している企業から個人情報が漏洩した場合には、利用している他の銀行やサービスなどその全てが漏洩しているのと同じであり、不正にログインされて悪用されたり、お金を盗まれるなど大変リスクが高く危険です。

    そこで、利用している各機関やサービスごとに違うIDとパスワードを設定し、強固なセキュリティ対策が施されたパスワード管理ソフトやアプリを使って管理することで、それぞれのIDとパスワードを一つの場所で適切に保管し利用時には、パスワード管理ソフトやアプリにアクセスし簡単に確認して使用すれば、IDとパスワードを使い回さなくても忘れることなく、個人情報の漏洩事故が発生しても被害を最小限に留めることが出来るのです。

    大量の個人情報やパスワードを暗号化して保存し、あらゆるデバイスからすぐに確認して使える便利なパスワード管理ソフト「mSecure」


    このアプリは、様々なIDやパスワードをアイコンやカテゴリを使って整理して保管することが出来、便利な検索機能やお気に入り登録機能などで、利用時にIDとパスワードをすぐに調べて使えるだけでなく、誰にでも簡単に使えるよう設計されたインターフェイスと情報を漏洩させないための「256BitのBlowFlsh暗号化技術」を使った強固なセキュリティ対策を搭載し、MacだけでなくiCloudやDropboxと連携してiOS(iPhone/iPad)はもちろん!Android搭載のスマートフォンやタブレット、Windowsなどのパソコンまで、アプリ内の情報を自動的に共有して、常に最新の情報をデバイスを選ばずに何時でも何処からでも簡単に使うことが出来る大変優れたパスワード管理アプリなのが特徴です。

    不正なログインから情報を守るための強固セキュリティとバックアップ機能


    取り扱う情報が個人情報となるためにアプリ自体にもセキュリティ対策機能を数多く搭載し、アプリを利用して開いたままになっていると直接視認されて盗まれてしまうのを防ぐための「オートロック機能」や閲覧中にパスワードなどの「重要な項目のみを指定して隠す機能」、推測されないよう関連性の無い複雑な「パスワードを生成する機能」、Macが故障してアプリが使えなくなっても自動バックアップ機能を使ってすぐに復旧することが出来るなど、ユーザーの利便性や操作性を優先しながら情報を漏洩させないための安全設計は見逃せない機能です。

    あらゆるデバイスと自動で同期し何処からでも簡単に使える


    iPhone/iPad/Android/Windows/Macなど、アプリ内で管理しているIDとパスワードをiCloudかDropboxと連携させることで、自動的に同期して常に最新の情報を全てのデバイスで開いて確認することが出来るので、自宅や会社、外出先、銀行のATMの前ででもパスワードや暗証番号をすぐに確認して使うことが出来るのは大変便利です。⇒iPhone/iPad版の「mSecure」はこちら

    アイコンとカテゴリーで分類し検索機能で素早く確認出来る


    様々なアカウント、ユーザーネーム、銀行口座番号、クレジットカード番号、それらのパスワードなど大量の個人情報を登録して保存していても、登録時に270以上のアイコンから個別に選択して設定したり、カテゴリやグループ単位に整理して保存しておくことが可能なだけでなく、自由に何個でもフィールドを追加してカスタマイズすることが出来、よく使うデータをお気に入り登録して瞬時に開いたり、様々な条件で検索出来る強力な検索機能を搭載し、必要なときにすぐに見つけて確認することが出来るよう配慮された設計は大変便利です。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら