BetterSnapTool for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.4.1
ReleaseDate: 2011/02/25
Genres: [仕事効率化][ユーティリティ]
Price: ¥200
ArtistName: Andreas Hegenberg
SellerName: Andreas Hegenberg
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.5 MB

Mac OS Xは、フルスクリーンで使用することを前提に開発されているため、複数のウィンドウを分割して表示し片方のウィンドウを参照しながら作業をする時には、Windows7のようなウィンドウを画面端にドラッグしてリサイズされるような機能は搭載されていないので、ウィンドウをマウスで大きさと位置を調整して表示させなければならないのが悩みの種です。

このアプリは、Window7のようにウィンドウを画面端にドラッグしてリサイズすることを可能にし、リサイズする大きさや位置を自由にカスタマイズする機能やショートカットキーを使ってリサイズする機能など、複数のウィンドウを簡単にリサイズしてMacの操作性を向上する大変便利なウィンドウリサイズアプリなのが特徴です。

複数のウィンドウを画面に効率良く整理して簡単にリサイズ出来る


限られたディスプレイ上の画面内で複数のウィンドウを使って作業を行うのに、ウィンドウを半分づつ開いて同時に作業を行ったり、作業ウィンドウを画面の半分で表示し、リアルタイムで監視するウィンドウと参照するウィンドウを1/4サイズで同時に3つ表示するなど、これまでウィンドウを開くたびに大きさと位置をマウスで調整していた動作が、ウィンドウをドラッグして画面の上左右斜めに移動するだけで、適切なウィンドウサイズにリサイズすることが出来、新たにウィンドウを開いたり閉じたりしてもすぐにリサイズして作業に戻れるのは大変便利です。

ウィンドウをリサイズする大きさや位置を自由に設定出来る


メニューバーにあるアイコンから使いやすいように自由にカスタマイズ出来る豊富な設定機能を搭載し、ウィンドウをドラッグしてリサイズする方向(上部、左右、斜め下の左右、斜め上の左右)の合計7カ所の動作を指定することが出来、独自の領域を設定してリサイズしたり、ログイン時に自動起動する設定などを各チェックボックスにレ点を入れることで簡単に設定して使うことが出来ます。

ショートカットキーを自由に設定してウィンドウをリサイズ


ショートカットキーを設定してウィンドウの大きさや位置を登録するだけで、キーボードから手を離さずに簡単にウィンドウをリサイズすることが出来るので、執筆やコーディングなどキーボードを使って入力作業に集中するサポートをするツールとしても大変役立ちます。

ウィンドウをドラッグ中のプレビューや画面端のスナップ位置も設定出来る


ウィンドウをドラッグして移動中のプレビュー画面のボーダーやカラーを調整する設定や元のウィンドウサイズを記憶しリサイズ後に再度ウィンドウを元のサイズに戻す設定、ウィンドウをドラッグしてリサイズする画面端の部分に余白を設定することが出来るなど、使い勝手を向上する様々な設定と動作時の表示もユーザの好みや用途に合わせて設定することが出来るのは好印象です。

マウスのボタンでウィンドウを自由にリサイズする


純正のマウスやトラックパッド以外を使っていても、マウスに搭載されている複数のボタンそれぞれにリサイズする大きさや位置を設定することが出来、右ボタン、ミドルボタン、ダブルクリックなどユーザの利用環境と使い方に合わせて自由に設定出来る高い汎用性は多くの方におすすめ出来る魅力の一つです。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

Divvy – Window Manager for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.3.7
ReleaseDate: 2011/01/20
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥1,400
ArtistName: Mizage
SellerName: Mizage, LLC
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.7 MB

沢山のアプリを起動して複数のウィンドウを同時にモニタで表示しながら作業をしている場合に、大画面のモニタであれば作業しやすいウィンドウサイズで適当に配置しても良いのですが、ノートパソコン(MacbookPrp/MacbookAirなど)の限られたモニタサイズ内で効率良く作業をするために、ファイル単位でウィンドウサイズをマウスで微調整するのはちょっと面倒ですよね?

このアプリは複数のアクティブウィンドウを指定したサイズにワンタッチで変更してモニタ画面内に自由に配置することが出来、モニタ画面を効率良く最大限活用して作業すること可能にする大変便利なアプリなのが特徴です。

<自由に設定してショートカットキーで簡単にリサイズ>

モニタ画面に対してグリッド表示(1×1〜20×20まで)でウィンドウサイズと位置を簡単に変更することが出来、よく使うウィンドウサイズをショートカットキーに登録すれば、ワンタッチでウィンドウサイズを変更出来る使いやすい設計となっています。

Windowsでは昔からある機能で使ったことがある方であれば、Mac標準の機能としてあったらと一度は思ったことがある機能なのではないでしょうか?

例えば、2つのウィンドウを画面に半分づつ最大で表示することが多い場合は、設定画面で1/2画面を選択してショートカットキー(例:command+h)を設定して保存しておけば、ウィンドウをアクティブにして設定したショートカットキーを押すだけで、ウィンドウが1/2にリサイズされて指定した画面に配置されるという具合でとっても使いやすくなるアプリとなっています。

<モニタ画面を効率良く使うことが出来る>

モニタサイズを選ばずにどんなサイズのモニタでも複数のウィンドウを自由に整理して最大表示で作業を行えるので、メインのウィンドウを上半分に表示して他のウィンドウを下に1/4づつで表示させて画面を最大限活用しつつ各ウィンドウが見やすく使いやすくなるのはもちろん!アプリを切り替えたりファイルを作業に合わせて変更しても簡単にリサイズして配置出来るのは大変便利です。

また、iMacなどで大きなモニタサイズであれば20個のウィンドウを同時に開いてモニタ画面に均等に20個配置して表示して、監視モニタのように使うこともマウスを使わずにショートカットキーだけでリサイズすることも出来ます。

また、複数のモニタを使っている方でも本アプリは対応しているので、ショートカットキーのみで簡単にリサイズすることが出来るのはもちろん!自宅ではiMacで外出先ではMacbookを使われている方でも、1度購入してしまえば複数のパソコンで使えるのも魅力の一つです。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら