Mr.Zipper – 圧縮、解凍とZip、7z、Rarアーカイブの閲覧 for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.50
ReleaseDate: 2011/10/13
Genres: [ユーティリティ][辞書/辞典/その他]
Price: ¥800
ArtistName: effectmatrix
SellerName: etinysoft Inc.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 5.4 MB

大きなファイルを圧縮してディスク領域を節約して保存したり、個人情報や機密情報を含むファイルをパスワードを設定してセキュリティ対策を行ったり、仕事の取引先から届いた圧縮ファイルを解凍するなど、Macでファイルを圧縮/解凍することは良くあります。

しかし、圧縮して保管しているファイルが必要になったときにファイルをどこに保存したか忘れてしまい圧縮ファイルを闇雲に解凍して探した経験や、ファイルの種類によって様々な形式の圧縮ファイルが使われていて、それぞれのソフトやアプリを入れて使い分けていたり、大容量のファイルを分割して圧縮したい!送信先の人が解凍に困らないようDMGファイルで送信したい!など、用途や目的に合わせて便利に使える高機能な圧縮/解凍アプリがあればと思ったことはありませんか?

このアプリは、ドラッグ&ドロップで様々なファイル形式の圧縮/解凍することが出来、誰にも見られたくないファイルをパスワード付きで圧縮したり、逆にパスワード付きの圧縮ファイルを解凍することが可能なセキュリティ対策機能や大容量のファイルを分割して圧縮する機能、圧縮ファイルを解凍せずにファイルをプレビューする機能、DMGファイル形式を作成して送信出来るなど、大変優れた圧縮/解凍アプリなのが特徴です。

あらゆるファイルをドラッグ&ドロップで簡単に圧縮/解凍出来る


大量の写真や動画をまとめたフォルダ、ファイルサイズが大きなファイルなど、あらゆるファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで簡単に圧縮して解凍することが出来、大きなファイルをメールで送信する時の添付ファイルのサイズ制限があってもファイルを分割して圧縮したり、パスワード付きの圧縮ファイルの作成から解凍まで、これ一つであらゆる圧縮ファイルを扱うことが出来る大変便利なアプリです。

解凍せずに圧縮ファイル内をプレビュー出来る


フォルダ内のファイルを圧縮して保存しておけば、Macのディスク領域を節約することが出来、圧縮ファイル内のファイルを解凍せずにプレビュー出来る機能で、必要になったときにどの圧縮ファイルに保存したかをすぐに確認して、必要なファイルが保存された圧縮ファイルだけを解凍して簡単に取り出すことが可能です。

解凍せずに圧縮ファイル内のファイルを自由にソート出来る


圧縮ファイル内に大量のファイルを保存していても、解凍せずにプレビューしたときに「名前」「サイズ」「種類」「時間」をクリックするだけで簡単に順番を変更することが出来、保存しているファイル数を確認したり、種類や時間でいつ使っていたファイルなのか時系列で確認するなど、ファイル数を気にせずに圧縮して保存しておけるのは好印象です。

解凍せずに圧縮ファイル内のファイルを検索出来る


圧縮したファイル内のプレビューだけでなくファイル検索機能を搭載し、目的のファイルがMac内のどこに保存されていてもすぐに見つけて、自由に使うことが出来るのでファイルを整理して保存し覚えておく必要も無いのは見逃せない機能です。

あらゆるファイルの圧縮/解凍に対応した豊富な機能


圧縮ファイル形式ごとにソフトやアプリを使い分ける必要が無いように、MacやWindowsなどパソコンでよく使われている様々な圧縮フォーマットに対応している高い汎用性と、圧縮したファイルを送信した相手が解凍に困らないよう「DMG」を作成する機能を搭載し、受信した相手がすぐに解凍してファイルを使用することを可能にする高い利便性は魅力的です。

  • 圧縮出来るファイル形式
  • 7z, zip, gzip, tar, bzip2

  • 解凍出来るファイル形式
  • rar, 7z, iso, cab, msi, zip, stuffit, arj, z, lzma, tar, gzip, bzip2, exe, pax.

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    ImageOptim for Mac

    Kind: mac-software
    Ver: 1.0.0
    ReleaseDate: 2014/04/22
    Genres: [写真][グラフィック&デザイン]
    Price: ¥1,000
    ArtistName: zhang chao
    SellerName: zhang chao
    BundleId: $bundleId$
    Currency: JPY
    FileSize: 3.2 MB

    写真や画像ファイルの容量は、サイズや解像度などの品質以外にも、沢山のEXIF/メタデータが1枚1枚に挿入されており、ファイルサイズが大きくなっていることをご存知ですか?

    多くの方は写真や画像をそのままホームページやブログに掲載したり、SNS(Facebook/Twitterなど)に投稿、メールに添付して送信するなど、様々な用途や目的で使われているかと思いますが、EXIF/メタデータを含む写真や画像をそのまま公開してしまうと、その情報から個人情報を漏洩してしまう危険性があるだけでなく、サイズの大きい写真や画像ではWebページの表示速度が遅くなったり、保存しているパソコン(Mac/Windowsなど)やiPhone/iPadなどのディスク領域を無駄に占有してしまいます。

    EXIF/メタデータとは、デジカメやiPhone/iPadで撮影した時に、様々な情報(メーカー、機器名称、作者名、撮影著作権者、露出時間、絞り値、レンズ焦点距離、レンズ開放F値、ISO感度、露出プログラム、露出補正値、測光方式、フラッシュ、撮影日時、位置情報、コメントなど)を写真や画像ファイルに自動的に記載して保存している情報です。

    ※撮影機器の仕様や設定によってEXIF/メタデータに含まれる情報は異なります。

    このアプリは、写真や画像に含まれるEXIF/メタデータを完全に削除してファイルサイズを小さく圧縮することが出来るだけでなく、EXIF/メタデータから個人を特定されることを防ぎ、写真や画像を安全に公開するためのセキュリティ対策も可能となり、あらゆる写真や画像のファイル形式(PNG/JPEG/GIFなど)に対応し、簡単な操作で複数のファイルをまとめて小さく圧縮出来るなど、大変優れた画像圧縮アプリなのが特徴です。

    簡単な操作で写真や画像を圧縮出来る


    アプリを起動して写真や画像ファイルを本アプリにドラッグ&ドロップするだけで簡単にEXIF/メタデータを削除しファイルを圧縮してサイズを小さく!セキュリティ対策も出来る!だけでなく、扱えるファイル形式(PNG/JPEG/GIFなど)も豊富でファイル1つからフォルダごと複数の写真や画像もまとめて圧縮が可能と、誰にでも簡単に使える設計は好印象です。

    使い方に合わせて自由に設定出来る

    写真や画像を圧縮する時に、多くのアプリは元ファイルをそのままに新しいファイルとして保存しますが、同じ写真や画像が保存されることで、無駄にディスク容量を使ってしまうのはもったいないですよね?

    豊富な機能を詳細に設定出来る本アプリは、写真や画像を上書きするか別保存するかを指定することが出来、ファイル形式や圧縮ツールごとに画像品質やEXIF/メタデータの最適化レベルを指定することが可能と様々な用途に使える高い汎用性と機能を搭載しています。

    各設定は画面上部のタブにあるツール(General/PNGOUT/OptiPNG/AdvPNG/JPEGOptim)から画像品質、EXIF/メタデータの最適化レベルを調整して指定することが出来ます。

    基本設定の方法(General)

    画面左側には画像品質、EXIF/メタデータの最適化ツールがあり、使用するツールにレ点を入れて指定(基本的に全てにレ点を入れておいてOK)し、画面右上部はファイル形式別に画像のEXIF/メタデータの最適化をレ点で指定、画面右下部に基となる写真や画像を上書きするか別保存するかをレ点で選択して保存場所を指定します。

    画像品質・最適化レベルの設定方法

    本アプリに搭載している各最適化ツールは、圧縮レベルや画像の品質レベルをスライドバーで簡単に調整することが出来るので、用途に合わせてすぐに変更して写真や画像を圧縮することが可能と、とっても使いやすいのは魅力の一つです。

    PNGOUTツールを利用して最適化する設定


    写真や画像を高度な技術で高圧縮する場合に使われるツールで、ファイルサイズにもよりますが圧縮が完了するまで長時間を要す場合があり、スライドバーで圧縮レベルを指定することが出来ます。

    また、スライドバーの下にあるチェックボックスにレ点を入れておけば、最適化(圧縮)時間が、1分以上かかった場合には自動的に処理を中断してくれます。

    OptiPNGツールを利用して最適化する設定


    本アプリ内では中レベルの圧縮ツールであり、PNGOUTツールよりも軽快に動作しスライドバーで圧縮レベルを指定することが出来ます。

    また、スライドバーの下にあるチェックボックスにレ点を入れると、画像をインターレース(プログレッシブ)化することが出来ます。

    AdvPNGツールを利用して最適化する設定


    他のツールよりもファイル圧縮能力は低いですが、動作が軽く高速で圧縮することが出来、スライドバーで圧縮レベルを指定することが出来ます。

    JPEGファイルを最適化する設定


    jpegファイルの画像品質を変更することで、圧縮率を調整することが出来ます。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら