FileAngel Lite for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.0
ReleaseDate: 2011/10/04
Genres: [ユーティリティ]
Price: ¥4,000
ArtistName: FelixDev
SellerName: Ben Slaney
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 491 KB

Mac本体に内蔵しているHDD/SSDだけでなく、大切なファイルやデータを保存や共有、持ち出しなどに良く使われる、外付けHDD/SSD、デジカメ、SDカード、USBメモリーカード、DVD、CD-Rなど、どの機器やメディアであってもファイルを誤って削除してしまったり、データが破損して開けない!(使えない!)など、バックアップしてあるファイルやデータであれば復元するのも簡単ですが、全てのファイルやデータを2重で保存しておくのってなかなか難しく、実際に失ってしまったファイルやデータはすぐにでも復旧して使いたいですよね?

このアプリは、Mac内蔵のHDD/SSDだけでなく、様々なメディア(外付けHDD/SSD、デジカメ、SDカード、USBメモリーカード、DVDCD-Rなど)内から写真や動画、ドキュメントファイル、アプリケーションなどあらゆるデータ形式のファイルを簡単な操作で素早く復旧することが出来るだけでなく、そのメディアの不良セクターやブロック数を表示してメディアが壊れる前に全てのデータを移して退避するのに役立つ情報を確認することも可能な大変便利なデータリカバリーアプリなのが特徴です。

シンプルで使いやすく素早く復元するデータリカバリーアプリ


Macでマウントしたボリュームやドライブを画面左側に解りやすいアイコンと共に表示し、復元出来る全てのファイルやデータフォーマットを保存されたフォルダ階層とFinderのようなインターフェイスで、削除あるいは破損したファイルやデータを簡単に復元して保存することが出来、大量の写真や動画を保存してあったメディアやデジカメなど、復元したい写真や動画をファイル名だけでなくプレビュー機能ですぐに見つけて復元することが可能なのは大変便利です、

使い方


ファイルやデータをすぐにでも復元して使用しなければならない場合でも僅か4ステップで故障したメディアや削除、破損したファイルやデータを素早く復元することが出来るシンプルな操作性とインターフェイスで、短時間で復元するだけでなく、難しい操作や設定を必要とせずに誰にでも使える設計は好印象です。

1、復元したいファイルやデータが保存されたボリュームやドライブを選択する

復元したファイルやデータを保存していたメディア(外付けHDD/SSD、デジカメ、SDカード、USBメモリーカード、DVD、CD-Rなど)をMacに接続しマウントしたら、本アプリを起動して画面左側にあるアイコンから対象のメディアを選択します。

2、「Start Scan」をクリックしてメディア内のファイルやデータを検索する

1で選択したドライブやボリューム内から復元可能なファイルやフォルダを検索すると同時に不良セクターやブロックをチェックを開始するために画面左下の「Start Scan」をクリックします。

3、復元可能なファイルやフォルダの一覧から救出するファイルを選択する

復元可能なファイルやフォルダが画面中央に一覧で表示されフォルダをクリックするとその中に保存されているファイルが表示されるので、復元したいファイルをクリックして選択します。

4、「Recover」をクリックしてファイルを復元して保存する場所を指定する

復元したいファイルを選択したら、画面右下にある「Recover」をクリックして保存する場所を指定し、ファイルやデータをメディア内から救出すれば後は開いたり移動するなど自由に使うことが出来ます。

豊富な機能


画面上部のアイコンと数値は、選択したボリュームやドライブを表示し「Start Scan」した際に、復元可能なファイル数と不良セクターやブロック数を同時に表示し、不良セクター数が多い場合にはメディアが故障する確率が高まっていることを意味しているので、買い替えや他のメディアに全てのファイルやデータを退避される準備を始める目安にすることが出来ます。

画面下部にあるオプション機能は、誤って削除してしまったファイルのみを検索して復元する際に選択する「Search For Deleted Files Only」で、復元可能なファイルやデータを検索する時間を大幅に短縮することが可能です。

また、「Search For Deleted And Regular Files」を選択すると、メディア内の削除したファイルや破損ファイルを含め、全てのファイルやデータを検索して復元することが出来ますが、メディアの容量によって検索に時間がかかる場合があります。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

Markdown Pro for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.0.8
ReleaseDate: 2011/10/07
Genres: [仕事効率化][開発ツール]
Price: ¥1,000
ArtistName: RADSense Software
SellerName: RADSense Software Inc.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 2.0 MB

Macでホームページやブログの記事、資料やポスターなどの執筆作業をする時に、直接サイトやブログの投稿ページで作成される方やテキストエディタを使う方など、作業がしやすいように様々な工夫をされているかと思いますが、テキストで内容を入力しながら見出しコードの作成や写真、画像など記事やページの構成バランスをイメージしながら作成した後に、サイトやブログのプレビューで最終確認すると、イメージと違った構成バランスでテキストや画像の修正や差し替えが必要となってしまうことってありませんか?

このアプリは、ホームページやブログの記事、資料やポスターなどの執筆作業時に、Markdownの記法を用いてコード入力を簡素化しプレビュー画面を見ながら入力することが出来、様々なファイル形式(pdf/html/テキストなど)で出力して使うことが出来る大変優れたテキストエディターアプリなのが特徴です。

※ Markdownの記法とは、書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、html文書へと変換できるフォーマットのこと。

プレビュー画面を見ながら執筆出来る


シンプルなインターフェイスは、入力に必要な厳選された機能だけを配置し入力する画面とプレビュー画面を左右に表示し完成時のイメージを確認しながら執筆することが出来るので、最終確認時に構成イメージと違って修正したり差し替えが必要になることなく、スムーズにホームページやブログにアップしたり、資料やポスターをメールや印刷して提出出来るなど、使いやすいだけでなく作業効率が飛躍的に向上します。

コードを簡素するMarkdown記法で入力が簡単に


初めて使う場合には、新たにMarkdownの記法を覚えなければなりませんが、htmlのコードを覚えて入力したりコードをコピー&ペーストするよりも執筆作業がスムーズになる簡単な記法で、段落、改行、テキストの強調、コード、リスト、見出し、引用、、リンク、水平線など、すぐにその入力のしやすさに慣れて誰にでも簡単に使うことが出来、画面右上のHELPからMarkdownの記法を確認することが可能です。

自動保存で編集履歴を世代管理してすぐに復元出来る


制作途中の大事なファイルは、MacのTime Machineのように本アプリが自動的にファイルを保存しているので、少し前の状態にファイルを復元したい場合や前に書いた文章と見比べて差し替えるなど便利に使うことが出来、こま目にファイルを保存するような手間を省き、執筆作業だけに集中出来るよう配慮された設計は好印象です。

豊富なテンプレート


豊富なテンプレートが多数収録(Aquoeus/Coda/Expresso/Github/Markdown Pro/Night Vision/Prom/Real/Typographyなど)されており、ホームページやブログ、資料、ポスター、プログラミングなどあらゆる用途に合わせて簡単に使うことが出来るのは魅力の一つです。

テキストを選択するだけで検索出来る


入力中や文章校正時に、その文字やテキストを選択するだけで、その単語やスペルなどが正しい使い方や意味となっているかを、辞書やWikipediaの情報を吹き出しで表示し簡単に確認することが出来るので、わざわざ辞書やインターネットで調べることなく本アプリだけで全てが簡潔に行える機能を多数搭載し効率良く執筆作業を行うことが出来る大変優れたアプリとなっています。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら