Disk Diag for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.2
ReleaseDate: 2013/10/15
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥200
ArtistName: Rocky Sand Studio Ltd.
SellerName: Rocky Sand Studio Ltd.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 4.1 MB

MacはiPhone/iPadと連携して大切なデータをバックアップしておいたり、写真/画像やビデオ/動画、音声/音楽、仕事で使っている様々ファイルなど、多くのファイルやデータがMac内に保存されていて、気がつくと内蔵しているHDD/SSDのディスク容量いっぱいまで保存してまい、Macの動作が重くなっていたり、新たに大きなファイルのビデオや動画などが保存出来ない時に、慌てて不要なファイルやデータを探して削除したり、整理するなどして空き領域を確保することってありますよね?

このアプリは、Macに内蔵されているHDD/SSDのディスク領域内に保存されている不要なファイルや一時ファイルなどをワンクリックで削除することで空き領域を確保するだけでなく、容量の大きなファイルやデータを抽出してまとめて整理したり削除することが出来る大変優れたディスククリーンアップアプリなのが特徴です。

シンプルで使いやすいディスククリーンアップアプリ


まるでiPhone/iPadに表示しているようなシンプルなインターフェイスで、画面上部にMacに内蔵されているHDD/SSDのディスク状況をタコメーターのようなグラフと空いている容量を数値で表示して現在の空き容量と使用している容量が一目で確認することが出来、わずか3クリックの操作で、不要なファイルやデータをスキャンして表示し容量の大きなファイルやデータも抽出するなど、簡単な操作で不要なファイルをまとめて削除して空き容量を確保してディスクをクリーンアップすることが出来ます。

初期設定

アプリをダウンロードして初めて起動すると、「Select home folder」と表示されるので、画面下部にある「Choose…」クリックし、ファイルを選択する画面が表示されたらMac内のhomeフォルダー(/Users/ユーザ名)を指定して「Choose」を選択するだけで初期設定は完了です。

使い方

1、アプリを起動して「Start」をクリックしてディスクをスキャンする

アプリを起動すると現在のHDD/SSDのディスク状況を表示しているので、画面中央にある「Start」アイコンをクリックして、ディスク内に保存された不要なファイルやデータをスキャンします。

2、削除する項目と内容をチェックして「Delete Files」をクリック


スキャンした結果はディスク内の不要なファイルやデータとして、以下の7つの項目に分類されて表示され、項目名の左側の「OK」が削除を許可することを意味する表示となっており、削除したくない場合には「OK」をクリックして表示を「NG」に切り替えることで削除されなくなり、項目名の右側には数値で保存されているファイルの容量が表示され削除することで確保出来るディスク容量を表示しています。

  • Downloads (ダウンロードしたファイルやフォルダなど)
  • Caches (キャッシュ、一時フォルダなど)
  • Mail (ダウンロードしたメール)
  • Logs (ログ、エラーログなど)
  • Browsers (Safariなどのクッキーや履歴など)
  • Trash (ゴミ箱)
  • Large Files (容量の大きなファイルやデータ)
  • 基本的にはどの項目もログやキャッシュなどの不要なファイルやデータなので削除しても問題になるようなことはありませんが、「Large Files」だけは、ディスク内に保存されている容量の大きなファイルやデータであるため、ユーザ自身がファイルの内容をチェックして指定する必要があります。

    「Large Files」の項目名の左側をクリックして「OK」に表示を切り替えると、ディスクに保存されている大きなファイルやデータを抽出することが出来、ファイル名、保存場所、サイズが一覧となって表示されるので、画面左にあるチェックボックスにレ点を入れることで、まとめて削除することが可能です。

    上記全ての項目のチェックが完了したら、「Delete Files」をクリックして削除するのですが、削除は慎重に行ってください。
    ※ファイルやデータは削除すると元に戻すことは出来ません。

    3、不要なファイルを削除して空き領域が確保出来る


    2で指定したファイルやデータをまとめて削除し、削除することで確保出来たディスク容量が画面に表示されて完了と、とっても簡単に使えてディスク領域を確保することが出来る大変便利なディスククリーンアップアプリです。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    DriveDx for Mac

    Kind: mac-software
    Ver: 1.3.0
    ReleaseDate: 2012/10/23
    Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
    Price: ¥2,000
    ArtistName: Binary Fruit
    SellerName: Kirill Luzanov
    BundleId: $bundleId$
    Currency: JPY
    FileSize: 22.2 MB

    大切なデータやファイルを保存しているHDD/SSDですが、誤ってファイルやデータを削除してしまってもデータ復元ソフトで救出することは出来ますが、HDD/SSDは消耗品であり寿命で壊れたり、物理的な故障でデータやファイルの救出が出来なくなるなど、その使用環境、ディスク領域への書き込みや読み込みの頻度や蓄積、物理的な破損やエラーを起こしていたりと、目に見えない様々な要因と原因によって突然故障して大切なデータやファイルを失う危険性を忘れてはいませんか?

    このアプリはMacに搭載されているHDD/SSDはもちろん!Macにマウントされている外付けHDD/SSDなど、あらゆるHDD/SSDの内部的なエラー(S.M.A.R.T.エラー、不良セクタ、I/Oエラーなど)や様々な障害を監視して故障する前に通知する機能を搭載し、事前にデータやファイルを別のHDD/SSDに移して保護することを可能にし、各HDD/SSDのパフォーマンス、寿命による故障予測など、目に見ないHDD/SSDの内部的な健康状態を常に監視しチェックすることが出来る大変優れたアプリなのが特徴です。

    HDD/SSDの状態を解りやすく詳細に表示する


    画面左側にMac内蔵のHDD/SSDやマウントされた外付けHDD/SSDなどの一覧が表示され、画面右上部に選択されたHDD/SSDの状態をS.M.A.R.Tステータス、健康状態、パフォーマンス、SSDの寿命をグラフとアイコンで解りやすく表示し、画面右下部に詳細なエラーや異常などの内容を項目別に詳細に確認することが出来ます。

    HDD/SSDの故障診断の内容をメーカー推奨値と合わせて表示する


    HDD/SSDの故障診断結果などのsmartctlやAttributeも各項目に分けて、Value内のCurrent(現在値)、Worst(最悪値)、Threshold(メーカー推奨値)と合わせてステータスとグラフで解りやすく表示し、エラーや異常があっても各項目をクリックすることで異常値に対する対処方法を表示してくれる設計は好印象です。

    HDD/SSDの自己診断プログラム(Self-test)で状態をチェックする


    リアルタイムでHDD/SSDのエラーや異常を監視し検知するだけでなく、自己診断プログラム(Self-test)を使って様々なテストを実施することで、エラーや異常が発生するリスクを予測し対処することを可能にします。

    2種類の自己診断プログラム(Self-test)が搭載され、HDD/SSDの容量などにもよるが簡単で素早くチェックする「Short Self-test」と、時間はかかるが全セクタの読み出しやECCエラー訂正が必要かなど、詳細にHDD/SSDをテストする「Full Self-test」があり、ユーザの都合と用途に合わせて自由に選択して使うことが出来ます。

    HDD/SSDが故障する予兆から安全にデータやファイルを退避する


    上図はHDD/SSDの状態とパフォーマンスが著しく低下しており、故障リスクが高く危険な状態であるため、HDD/SSD内のデータとファイルを全て他のHDD/SSDに退避あるいはバックアップをしておき、交換用のHDD/SSDが必要な場合には購入するなどの検討が必要なタイミングを知ることで、大切なデータやファイルを安全に保存し計画的に移行作業や購入準備を行うことが出来ます。

    HDD/SSDの状態や監視レポートをメールで通知する機能


    メニューバーに常駐している本アプリは、HDD/SSDに異常を検知するとアラートを上げて画面に通知するだけでなく、S.M.A.R.Tステータス、健康状態、パフォーマンス、SSDの寿命やエラーなどの設定された異常値になると、メールで知らせる通知機能を搭載し常に画面上で監視する必要も無く、遠隔で操作しているMacやサーバなどにも安心して使えるのは魅力の一つです。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら