Mr.Zipper – 圧縮、解凍とZip、7z、Rarアーカイブの閲覧 for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.50
ReleaseDate: 2011/10/13
Genres: [ユーティリティ][辞書/辞典/その他]
Price: ¥800
ArtistName: effectmatrix
SellerName: etinysoft Inc.
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 5.4 MB

大きなファイルを圧縮してディスク領域を節約して保存したり、個人情報や機密情報を含むファイルをパスワードを設定してセキュリティ対策を行ったり、仕事の取引先から届いた圧縮ファイルを解凍するなど、Macでファイルを圧縮/解凍することは良くあります。

しかし、圧縮して保管しているファイルが必要になったときにファイルをどこに保存したか忘れてしまい圧縮ファイルを闇雲に解凍して探した経験や、ファイルの種類によって様々な形式の圧縮ファイルが使われていて、それぞれのソフトやアプリを入れて使い分けていたり、大容量のファイルを分割して圧縮したい!送信先の人が解凍に困らないようDMGファイルで送信したい!など、用途や目的に合わせて便利に使える高機能な圧縮/解凍アプリがあればと思ったことはありませんか?

このアプリは、ドラッグ&ドロップで様々なファイル形式の圧縮/解凍することが出来、誰にも見られたくないファイルをパスワード付きで圧縮したり、逆にパスワード付きの圧縮ファイルを解凍することが可能なセキュリティ対策機能や大容量のファイルを分割して圧縮する機能、圧縮ファイルを解凍せずにファイルをプレビューする機能、DMGファイル形式を作成して送信出来るなど、大変優れた圧縮/解凍アプリなのが特徴です。

あらゆるファイルをドラッグ&ドロップで簡単に圧縮/解凍出来る


大量の写真や動画をまとめたフォルダ、ファイルサイズが大きなファイルなど、あらゆるファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで簡単に圧縮して解凍することが出来、大きなファイルをメールで送信する時の添付ファイルのサイズ制限があってもファイルを分割して圧縮したり、パスワード付きの圧縮ファイルの作成から解凍まで、これ一つであらゆる圧縮ファイルを扱うことが出来る大変便利なアプリです。

解凍せずに圧縮ファイル内をプレビュー出来る


フォルダ内のファイルを圧縮して保存しておけば、Macのディスク領域を節約することが出来、圧縮ファイル内のファイルを解凍せずにプレビュー出来る機能で、必要になったときにどの圧縮ファイルに保存したかをすぐに確認して、必要なファイルが保存された圧縮ファイルだけを解凍して簡単に取り出すことが可能です。

解凍せずに圧縮ファイル内のファイルを自由にソート出来る


圧縮ファイル内に大量のファイルを保存していても、解凍せずにプレビューしたときに「名前」「サイズ」「種類」「時間」をクリックするだけで簡単に順番を変更することが出来、保存しているファイル数を確認したり、種類や時間でいつ使っていたファイルなのか時系列で確認するなど、ファイル数を気にせずに圧縮して保存しておけるのは好印象です。

解凍せずに圧縮ファイル内のファイルを検索出来る


圧縮したファイル内のプレビューだけでなくファイル検索機能を搭載し、目的のファイルがMac内のどこに保存されていてもすぐに見つけて、自由に使うことが出来るのでファイルを整理して保存し覚えておく必要も無いのは見逃せない機能です。

あらゆるファイルの圧縮/解凍に対応した豊富な機能


圧縮ファイル形式ごとにソフトやアプリを使い分ける必要が無いように、MacやWindowsなどパソコンでよく使われている様々な圧縮フォーマットに対応している高い汎用性と、圧縮したファイルを送信した相手が解凍に困らないよう「DMG」を作成する機能を搭載し、受信した相手がすぐに解凍してファイルを使用することを可能にする高い利便性は魅力的です。

  • 圧縮出来るファイル形式
  • 7z, zip, gzip, tar, bzip2

  • 解凍出来るファイル形式
  • rar, 7z, iso, cab, msi, zip, stuffit, arj, z, lzma, tar, gzip, bzip2, exe, pax.

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>