Witch for Mac

Kind: mac-software
Ver: 3.9.3
ReleaseDate: 2011/01/11
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥1,400
ArtistName: Many Tricks
SellerName: Many Tricks
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 4.1 MB

色々なアプリケーションを立ち上げて作業をして、アプリを切り替えるときにショートカットのcommand+tabを使うと便利なのですが、Widowsの場合は同じアプリを複数起動して作業している際にもAlt+Tabでアプリだけでなくファイル単位で画面の切り替えが可能なのですが、Macの場合はアプリ単位でしか切り替えられないため、ちょっと使いづらく思ったことはありませんか?

このアプリはWindows同様に同じアプリを複数立ち上げて作業をしていても設定されたショートカットキー(例:option+tabなど)で簡単に作業している画面を切り替えることを可能にしMacの利便性や操作性を向上させるのが特徴です。

<想像以上にMacの利便性が向上する>

Safaliでホームページやブログの記事を書きながら同時に調べ物をしている時にMac標準のcommand+tabでは画面を切り替えられないので、マウスでタブを選択して画面を切り替えますが、このアプリを導入することで設定されたショートカットキー(例:option+tabなど)でキーボードから手を離さずに画面をサクサク切り替えて作業がスムーズに行え、立ち上がっているアプリ単位でファイル名が表示されているので、ファイル単位で作業や使いたいアプリを簡単に切り替えて使えるので慣れれば慣れるほど便利なアプリなのだと実感します。

<バックグラウンドで実行しDockも非表示可能>

まるでMac標準のアプリのように、バックグラウンドで実行しDockにも表示させない設定で、作業の邪魔やDockをシンプルに使いやすい状態で便利な機能のみを使うことが出来、設定を変更したいときには「command+Q」のワンタッチで設定画面を開いて自由にカスタマイズすることが可能となっています。

<自由にショートカットキーを作れる>

アプリデフォルトのショートカットキー(例:option+tabなど)だと、USキーボードでは片手で使いやすいのですが日本語キーボードだとキーが離れていて不便だったり、好みに合わせた組み合わせでもっと使いやすくしたい方など、自由にショートカットキーの組み合わせを決めたりアプリの位置や最小化しているものに対するショートカットキーを個別に設定することが可能と、ユーザの使いやすいように自由にカスタマイズして使えるのは好印象です。

<思い通りの動作を可能にする>

ショートカットキーを押した際に、切り替える必要がなく表示したくないアプリを設定して常に選択対象から除外したり、画面を切り替える際に表示するアプリの順番や表示しているアプリだけもしくは最小化しているアプリの動作など、詳細な設定をしておくだけで思い通りの動作を可能にし今まで以上に簡単で便利にMacを使うことが出来ます。

<インターフェイスもカスタマイズ出来る>

画面を切り替える際のインターフェイスを、作業に合わせて見やすいように背景色やアプリ名のテキストカラー、タイトルなど自由に変更することが出来、すべての設定をアプリデフォルト値にワンタッチで復元するなど、その時の作業内容に合わせて設定して便利に使うことが可能と利便性が向上し作業の効率化や自分だけのオリジナル設定でどんどんMacが手放せなくなってしまうアプリとなっています。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>