Webカメラ設定(Webcam Settings) for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.3
ReleaseDate: 2012/06/23
Genres: [ビデオ][写真]
Price: ¥800
ArtistName: Mactaris
SellerName: Liang-Hsin Chen
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.5 MB

Macbookに標準搭載されているWebカメラやUSBで接続するカメラなどを使って、FaceTimeやSkypeなどのテレビ電話を活用して国境を越えて無料で海外通話したり、離れた場所で仕事をしている仲間との複数人でミーティングを行うなど、固定・携帯電話とは違い無料で国境や距離に関係なく、テレビ電話で複数人と同時に話が出来るのは大変便利なのですが、通話している環境によっては、ディスプレイに映る画面が少し暗かったり、ピントが合っていなくて、相手から見えづらいと言われてしまって困ったことはありませんか?

このアプリは、Macbookに搭載されているWebカメラやUSBで接続する外付けカメラなど、あらゆるWebカメラの露出や明るさ、コントラスト、鮮やかさ、ホワイトバランス、カラー、ズームなどディスプレイに映る画面を詳細に調整する機能を搭載し、簡単な操作でリアルタイムで画面を調整することが出来る大変便利なWebカメラ設定アプリなのが特徴です。

Webカメラを自由に調整出来る豊富な機能


Macに接続されているあらゆるWebカメラを自動で認識し、画面上部にあるリストから対象のカメラを選択するだけで、様々な調整や設定を行えるだけでなく、画面下部にある「Manage Profile」から設定した内容を保存しておくことが可能なので、Webカメラを複数使っていてもカメラごとに保存することが出来、使うたびに何度も設定をやり直す必要がないのは大変便利です。

画面内の何処にでも自由にフォーカスすることが出来る


FaceTimeやSkypeなど画面は全体的にフォーカスして表示されていますが、このアプリを使うことで手前にある物や人物、その後ろの背景など、簡単な操作でフォーカスを自由にコントロールすることが出来るので、背景にあまり写したくないものがあったり、小さな文字を見やすくしたいなど、便利に使えるのは好印象です。

暗い場所でも露出時間を調整して明るく表示することが出来る


少し暗い場所や逆光など、カメラの写りが暗くなってしまうような場面では、「Basic」内の「Exposure」で自動調整を入れて補正したり、手動で露出時間(Exposure Time)をスライドバーで調整して簡単に明るくすることが出来るので、カメラを使う場所や位置を気にせずにアプリを起動してサッと調整するだけで、キレイに画面に映し出すことが可能です。

ホワイトバランス調整で光の影響を補正する


夕方に使っていて外からの陽の光や照明など、実際のカラーと違う赤みがかった画面になってしまうような時には、「Basic」内の「White Balance Temperature」で自動調整を入れて補正したり、手動でホワイトバランスをスライドバーで調整することが出来ます。

色合いを調整してキレイに鮮明に表示する


カラー表示はもちろん!白黒画像にすることも出来る幅広い調整範囲と機能を使って、映り具合に合わせて露出、露出時間、ゲイン、絞り、明るさ、コントラスト、色合い、鮮やかさ、鮮明度、ガンマ、ホワイトバランス、フォーカス、ズーム、パン、ティルト、電源周波数、バックライト補正など、様々な調整機能を簡単に設定してキレイで鮮明な画像を表示することが出来るので、FaceTimeやSkypeなどの通話以外にも監視カメラなど、あらゆるWebカメラを快適に使うことをサポートする大変便利なアプリです。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら