AudioSwitcher for Mac

Kind: mac-software
Ver: 2.21.1
ReleaseDate: 2012/10/09
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥100
ArtistName: Paul O’Neill
SellerName: Paul O’Neill
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.1 MB

Macに搭載されている標準のマイクやスピーカーでは物足りなくて、複数のサウンドデバイスのスピーカー出力やマイク入力を接続(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)しておいて用途に応じて切り替えて使ったり、MacBook Pro/Airなどのノートパソコンを持ち出して外出先の様々なデバイスに接続するなど、複数のサウンドデバイスを切り替えて使う場合にメニューバーにある「ボリュームアイコン」を「Option」キーを押しながらクリックして、各デバイスやスピーカー出力/マイク入力を選択して使われているかと思いますが、本体で設定しているメインボリュームが固定されていてデバイスを切り替えるたびに、ボリュームを調整しなければならず不便に思ったことはありませんか?

このアプリは、Macに接続されている複数のサウンドデバイス(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)のスピーカー出力やマイク入力を、メニューバーから簡単に切り替えて使えるだけでなく、設定したボリューム調整やミュートを各デバイスごとに記憶して使うことが出来るのは、Mac標準機能である複数のキー(Option+クリック)を組み合わせて使うよりも大変便利なオーディオ切り替えアプリなのが特徴です。

メニューバーから複数のサウンドデバイスを簡単に切り替える


メニューバーに常駐し本アプリの「スピーカーアイコン」をクリックして、Macに接続されている複数のサウンドデバイス(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)からスピーカー出力やマイク入力を個別に指定してマウス操作だけで簡単に切り替えて使うことが出来るのは大変便利です。

豊富な機能を自由にカスタマイズして便利に使える

各ボリュームの調整や確認が行いやすいように、各デバイスのボリュームをパーセント(%)かデシベル(DB)単位に切り替えて表示する機能や、Mac起動時に自動的に本アプリも起動するスタートアップ機能など、ユーザの利用方法に合わせて自由にカスタマイズ出来るのは見逃せない機能です。

複数のサウンドデバイスのボリュームやミュートを記憶する


Mac標準機能であるサウンドデバイスの切り替え(ボリュームアイコンを「Option」キーを押しながらクリック)時には、メインボリュームに合わせて音量やマイク音が適用されてしまうため、小さなスピーカーから大きなスピーカーに切り替えたりすると音が大きくてびっくりすることがありますが、本アプリの特徴である「各サウンドデバイスのボリュームやミュート設定を記憶する」機能は、個別にスピーカー出力、マイク入力のボリュームやミュートを調整しておくだけで、サウンドデバイスを切り替えたときに調整しておいたボリュームでスピーカーやマイクの入出力されるのは魅力の一つです。

また、シンプルで使い勝手のよいインターフェイスは、デバイス名、入出力(Input/Output)、接続タイプ(AirPlay/USB/HDMI/Thunderbolt/Bluetoothなど)が表示されて、沢山のサウンドデバイスが接続されていても解りやすいだけでなく、ボリュームを調整するスライドバーやミュートも一緒に表示されているのは好印象です。

システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

MemoZou for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.0.0
ReleaseDate: 2014/08/25
Genres: [仕事効率化][ユーティリティ]
Price: ¥300
ArtistName: itok
SellerName: 啓 Ito
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.2 MB

Evernote使ってますか〜!?
クラウドサービスと連携し様々なデバイスでメモや画像を簡単に共有することが出来る便利なEvernoteですが、Macでメモしたものを開いたり付箋アプリのようにメモの内容を画面にペタペタと置いておけたらと思ったことはありませんか?

このアプリは、Macのデスクトップ上に付箋メモを作成することが出来るだけでなく、Evernoteと連携してMemoZouタグのついたメモを同期して使うことが可能で、付箋はデスクトップ上に自由に配置したり画像の添付やフォントサイズ、背景のカラーを自由に設定して使うことが出来る大変便利な付箋メモアプリなのが特徴です。

付箋メモをデスクトップ上に自由に配置して文字の大きさや背景色まで自由にカスタマイズしてEvernoteと連携して使える


アプリを起動して「ファイル」>「新規」で付箋メモを新規に何個でも作成することが出来、表示された付箋メモに文字を入力したり、画像をドラッグ&ドロップして添付し、メニューバーにある「フォント」からフォントサイズの変更、「ファイル」>「色」から好きな8色の背景色を設定して使え、「ファイル」>「保存」で保存し、保存した付箋をデスクトップ上の好きな所にマウスで移動させて配置することが出来るなど、様々な用途で便利に使えるのが魅力の一つです。

また、環境設定で、付箋メモを常に最前面に表示させて目立たせたり、ウィンドウの透明度を調整することが可能なほか、Evernoteと連携して付箋メモを同期することが出来、外出先や会社、アプリ(FastEver/SmartEverなど)などで作成したEvernoteのメモを呼び出して自宅にあるMacのデスクトップに付箋メモとして表示させることも可能(MemoZouタグのついたメモが同期される)なのが大変便利です。

便利なショートカットキー

  • 新規作成:⌘+N
  • 保存:⌘+S
  • 再読込:↑+⌘+R
  • 初期設定方法

    基本的にEvernoteのアカウントが必要な本アプリは、最初に環境設定からEvernoteにログインし同期させるノートブックを選択して、付箋メモのウィンドウ透明度や常に最前面に表示させるなどの設定を行うだけでととっても簡単に設定することが出来ます。

    使い方

    初期設定さえしてしまえば、デスクトップ上に付箋メモを作成して自由に使うだけなのですが、大切なEvernoteとの連携は、Evernoteに保存されている全てのメモが同期されるのではなく、「MemoZouタグのついたメモのみ同期」される仕様となっているので、他のデバイスや外出先で作成したEvernoteのメモを本アプリと同期させて表示させたいときには、Evernoteのメモにタグ(MemoZou)を付けておくだけで表示することが出来ます。

    また、Mac上で作成した付箋メモは、Evernote上にタグ(MemoZou)にてアップロードされるので、他のデバイスやアプリ(FastEver/SmartEverなど)で同期して確認することも可能なのは見逃せない機能です。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら