中古のMacを買う!お得な方法

Mac製品の画像

Macが欲しいと思ったら、まずはどういう用途で使うのかを考えて、必要なスペックやHDD/SSDの容量、画面のサイズなどとノートパソコンなのか?デスクトップパソコンなのか?をよく検討してからどのMacを安く!お得に買うのが良いのかを調べるかと思いますが、新品で購入した場合の値段と中古で購入した場合で比較し、中古でちょっと前のMacでもいいかも!?なんてこともありますよね。

ここでは中古でMacを探すときに知っておくべきことや注意したいことなど、中古のMacをお得に買う方法をご紹介します。

中古Macの価格相場

新しい型のMacは毎年発売されており新しい機能や性能はその都度向上していますが、デザインは数年に1回の頻度で変わっており、何年経っても古さを感じさせないそのデザインはAppleブランドに相応しく機能的でシンプルなのに使いやすく、一度使い始めると次もMacを購入される方が多いのも頷けます。

上記にある通り、Macはデザインが変わらないのに発売時期に応じて搭載している機能や性能がまったく違うものがあり、中古でMacを買う場合には年式、型番、スペックを覚えておかなければ、安い値段につられて思っていた物と違うものを購入して失敗してしまう場合がありますので注意が必要です。

中古Macの価格相場は、状態にもよりますが概ね新品価格の約70%程度の価格(例:新品が10万円だったら中古は7万円)で推移しており、ケースやカバーを使ってMacを使われていた方が多く、ボディーやディスプレイ、キーボードなど見える部分はきれいな状態のものが多く、思ったよりも価格が下がらない傾向です。

ですので、もし相場よりも価格が安く状態も良く、年式や型番、スペックなども問題がなければ即買い!でOKですが、滅多にお目にかかることはないでしょう。
▶Macの年式と型番、スペック一覧表はこちら

中古Macの故障や消耗品

MacといえどもWindowsのパソコンや家電製品と同じで、使っているうちに消耗する部品を数多く使われています。

例えば、大切なファイルやデータを保存するHDD/SSDは、Macを使っていると頻繁に読み書きを繰り返すことで内部のディスクやメモリ部分を徐々に消耗して最後には動かなくなってしまい、画面を表示しているモニタも液晶を照らしているLEDライトも使っているうちに消耗して点灯しなくなって画面が映らなくなったりします。

また、キーボードやマウスの各ボタンも入力することで、電気的な接点不良やバネの劣化、MacBookであれば搭載しているバッテリーが放充電を繰り返すことで、バッテリーの使用時間がどんどん短くなり最後には充電出来なくなってしまいます。

上記は一例ではありますが、車やバイクと同様に多数の消耗・劣化する電子部品を使っているために、寿命があるのは当然ですが故障した場合にも修理・交換をする必要があるだけでなく、大切なデータやファイルを失うリスクがあることを忘れてはいけません。

そして中古でMacを購入するということは、誰がいつどのようにして使われていたかを知るすべは無く、それら消耗品は確実に消耗し劣化しているゆえに、新品よりも価格が安く販売されているのです。

中古Macの高額な修理・交換費用

Macは、Apple社がOS開発から販売までを独自で行っているため、修理を行うメーカーは当然Apple社にお願いすることとなり、故障や修理受付を行っている「Apple Store」かAppleが認定しているお店に直接持って行くか、直接持って行かなくても、「Apple Online Store」の修理・受付窓口に申し込めば郵送で対応してくれます。

以下にMacbook Air/Proでよく修理や交換をされるケースで、正規のApple Storeに修理依頼した場合にかかる費用をまとめています。

バッテリー交換
ディスプレイ交換
キーボード交換
MacBook Air
約12,800円
約78,000円
約43,000円
MacBook Pro
約17,800円
約120,000円
約78,000円

※ 掲載している価格は参考価格であり、Apple社によって価格改訂や変動することがあります。
※ 正規のApple Storeに修理依頼する時には、プロの人が故障状態や交換部品など詳細を確認した後に、無料で見積もりを出してもらえますので、正規の価格を必ず確認して下さい。

しかしながら、Macの修理・交換費用は想像以上に高額です!バッテリーとディスプレイを交換しただけで、同型の新品Macが買える勢いの値段になってしまいます。

上記表のもの以外にも、費用にばらつきはあるものの数ヶ所の部品交換を行っただけで、修理よりも新品を買った方がよいことが多々あるのがMacです。

中古Macを販売しているところ

家電量販店や価格ドッドcom、Amazonなどのネットショップ、Yahooオークションなどで中古Macの販売や買い取りを行っているお店は沢山ありますが、どこも価格相場を意識した値段設定がほとんどで、思ったよりも値段が下がっていないだけでなく、ボディやディスプレイ、キーボードなどの見える部分は、ケースやカバーで見える部分の状態はよいものの、バッテリーの劣化など目に見えない部品や消耗部品の状態は外からでは判断出来ないことが大半です。

そこで、メーカーであるApple社が販売しているApple認定の整備済製品は、新品水準並みの品質を確認したApple認定製品で新品で購入したときと同様に1年間の特別保証と別途有料の「AppleCare Protection Plan」にも加入することが出来るので、何か不具合や故障が発生した時には、無料で修理(一部有料)を行ってもらえる安心の中古Macです。

また、どこで購入した中古MacであってもApple社の製品保証期間や有料の保証サービス「AppleCare Protection Plan」が残っていれば、それぞれの保証が自動的に引き継がれ故障や不具合が生じても無料で修理を受けることが可能なので、中古Macを購入される際には「Apple認定の整備済製品」チェックしておくとお得です。

実は中古Macより新品がお得!?

Macの中古相場は高めで新品時の70%程度の価格で流通しており、仮に新品のMacbookProが10万円だとすれば、中古価格は7万円で購入することが出来るので、約3万円安く買うことが出来ますが、新品と中古ではバッテリーやディスプレイ、キーボードほか消耗部品の劣化が進んでいることは間違いなく、それ故に故障や修理・交換対応が必要となる確率が高く、新品と中古ではその寿命に差が出るため、購入時に浮いたその差額3万以上の修理が必要となった場合には、新品で購入するよりもお金がかかり、寿命も短いために買い替えサイクルも早くなります。

結果、中古でMacを安く買ったつもりでも、新品でMacを購入した方が最新の高い性能と品質、製品自体の寿命も長く故障や修理が必要になるケースが少なく、長い目で見た時には費用対効果が高くお得な買い物であったとなります。

Macは高く売れる

年式や型が古いものを選べば、中古のMacを安く購入することが出来ますが、Macに慣れてもっと高性能なMacが欲しくなったり、iMacを買ったけどMacを持ち出す必要が出たためにMacbookに買い替えたいなど、故障や修理以外にも買い替えが必要となるケースはあるかと思います。

その際には、当然今使っているMacを売却して、売却資金を元手に新たにMacを購入されることを検討するのが一般的かと思いますが、中古でMacを購入した場合には、年式や型式が購入時よりもさらに古くなり、様々な部分が痛んでいたりして思っている以上に商品価値が下がり買い取り価格は散々なものとなり、新たに購入するMacの資金にはなりません。

しかし!新品で購入したMacであれば、年式や型式があまり落ちていなく、カバーやケースを付けて丁寧にそして大切に扱っていれるだけで、売却時の買い取り査定で、減点されることなく相場以上の高額な価格で買い取ってもらうことが出来、新たなMacを購入する時の元手になるだけでなく、買い替えサイクルも長く常に最新のMacを安く購入することが出来ます。

Macの種類と選び方

現在販売されているMacの種類は大きく分けて、デスクトップ型、ノートパソコン型、ハイスペックパソコンの3種類となります。

それぞれインターネットやメールなど比較的普通に使われる方であれば、どのパソコンでも満足のいくスペックとなっており、パソコンを外に持ち運んだり携帯される方であればノートパソコン型、自宅でメインマシンとして使われるのであればデスクトップ型、動画編集やプログラミング、ネットゲームなど性能が高くグラフィックボードやCPUなど高スペックが必要な用途に使われるのであれば、ハイスペックパソコンから選ぶのがよいでしょう。

また、搭載しているCPU、メモリ、ストレージ、グラフィックボードなど、用途や必要なスペックが購入後に変わっても自由に交換してカスタマイズすることが出来るので、無理に高価なパソコンを購入せずに予算と相談しながら購入してください。

Macbook Air

MacbookAir
本体が軽量で厚さも薄くファイルをカバンに入れるような感覚で持ち運ぶことが出来、外出先で電源が確保出来なくても搭載しているバッテリーの持続時間が長く、Macを開いて電源をONにしてから、わずか数秒で起動して使うことが出来るなど、常に携行するのに最適化されたモデルとなっています。

また、Macbook Airはモニタサイズが11インチと13インチの2つのモデルがあり、モニタサイズに合わせて重量とバッテリーの持続時間(11インチ:最大9時間、13インチ:最大12時間)が変わる以外にも、13インチのモデルだけに「SDカードスロット」が付いているのが大きな違いとなっています。

このモデルを選ぶ方は、Macでインターネットやメール、資料の作成など比較的普通に使われる方やメインとなるパソコンを別に持っており、軽量でバッテリーの持続時間が長く常に持ち運ぶことが多い方に適しています。

※ちなみに私は「Macbook Air 11インチモデル」で、ホームページやブログの作成、写真や画像の編集作業、動画の視聴、音楽の編集から再生まで、全てをこの1台で行っておりますが、ストレージの容量以外に困ったことはなく、購入して大変満足しています。
▶Macbook Airの詳しいスペックや画像はこちら

Macbook Pro

MacbookPro
Macの中で一番の販売台数を誇っているモデルで、どこにでも持ち運ぶことが出来るノート型パソコンでありながら、メインのパソコンとしてインターネットやメール、資料の作成はもちろん!CPUやグラフィックボードなど高いスペックが必要となる画像/動画の編集やプログラミングなど様々な用途にも対応出来るだけの高い性能と汎用性を兼ね備えており、初めての方からプロユーザーまであらゆる方におすすめ出来るモデルとなっています。

Macbook Airと比較すると重量はあるものの、その重量と引き換えに約2倍の高性能なCPUと解像度を有しており、LANポートやHDMI、DVDドライブなど、つい忘れてしまうけどあると便利なものが標準搭載されているのが大きな違いとなっています。

Macbook Proは、驚くほど美しいRetinaディスプレイを搭載した13インチと15インチ、通常ディスプレイの13インチと合計3種類のモデルがあり、各モデルの大きな違いはモニタサイズと解像度(通常の13インチ:1,280×800、Retina搭載13インチ:2,560×1,600、Retina搭載15インチ:2,880×1,800)以外に、通常ディスプレイの13インチのみにLANポートやHDMI、DVDドライブなどが付いています。

また、外出先などで電源を確保出来ない場合でも長時間使用出来る大容量のバッテリーを搭載し(通常の13インチ:最大7時間、Retina搭載13インチ:最大9時間、Retina搭載15インチ:最大8時間)、場所を選ばずに様々な用途で使えるだけの豊富な機能を搭載しています。

このモデルを選ぶ方は、メインパソコンとしてデスクスペースをスッキリさせながら自宅や外出先などで好きな所に持ち運んで使いたい方で、インターネットやメール、資料の作成以外にも、大きな画面に複数のアプリやウィンドウを立ち上げて、それらを参照しながら作業をしたり、高スペックを必要とする動画の編集やプログラミング、3Dゲームなど様々な用途で使う方におすすめのモデルです。
▶Macbook Proの詳しいスペックや画像はこちら

iMac

iMac
ディスプレイと本体が一体となったデスクトップ型パソコンのiMacは、本体が無いために設置するスペースを選ばず、付属しているキーボードやマウスもワイヤレス(Bluetooth)で接続するので、パソコン周りのケーブル類が電源コード1本のみとシンプルでスッキリとしており、ディスプレイサイズも見やすい21.5インチと大画面の27インチの2種類が用意され、メインのパソコンとして使えるよう、CPUやメモリ、ストレージ、グラフィックカードなどもノートパソコン以上の高いスペックを搭載し様々な用途で快適に使うことが出来るモデルとなっています。

iMacは、個人ユーザ向けに設計され用途や目的に合わせて2種類のディスプレイサイズ(21.5インチ:1,920 x 1,080、27インチ:2,560 x 1,440)があり、インターネットやメール、資料の作成など比較的普通に使われる方や快適な動作と速度を必要とする方に最適な21.5インチモデルと、高スペックを必要とする動画の編集やプログラミング、3Dゲームなどグラフィックボードを搭載し作業スペースが大きくとれる27インチモデルが用意されています。

搭載しているスペックは、2.7GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ〜3.5GHzクアッドコアIntel Core i7と複数の処理を同時に行う高いCPU、メモリを8GB〜32GBまで対応し、ストレージは1TBのHDDから256GB〜1TBのSSDまで様々なモデルとオプションが用意されユーザの目的や用途に合わせた性能や予算で自由に組み合わせて購入することが出来ます。

また、ファイルやデータの使用頻度に応じてSSD/HDDを自動的に使い分けて高速アクセスを可能にするオプションのFusion Driveに対応し、必要なポート(USB3.0/LAN/Wi-Fi/Bluetooth/SDXCカードスロット/FireWire 800など)を多数搭載して、様々なデバイスを同時に接続して使える拡張性はユーザの利便性を意識した設計は好印象です。

このモデルを選ばれる方は、メインパソコンとして自宅に設置し汎用性が高くパソコン周りをスッキリとしながらインターネットやメール、資料の作成など比較的普通に使われる方から大画面で作業スペースを大きくとり高スペックを必要とする動画の編集やプログラミング、3Dゲームなどを行いたい方におすすめモデルです。
▶iMacの詳しいスペックや画像はこちら

Mac mini

Mac mini
Mac本体のみの販売で、薄さ約3.6cm!縦横約19.7cmのアルミニウムボディでつなぎ目の無い美しデザインと、手のひらで持てるほどの小さなサイズの中に、電源アダプターを内蔵して本体からの騒音を最小限に設計され、本体からケーブルまでデスク周りをスッキリとしながら、驚くほどの性能と機能を搭載しているだけでなく、WindowsやMacなどを利用していて使い慣れた他社のディスプレイやキーボード、マウスを接続して使えるなど、個人ユーザだけでなくサーバーとしても使用出来るほどの優れたモデルとなっています。

省スペース型のMacとしてその大きさから想像出来ないほどの高いスペックを搭載し、CPUに2.5GHzデュアルコアIntel Core i5〜2.6GHzクアッドコアIntel Core i7、一世代前のMac miniより65%向上したグラフィック性能、ストレージに最大1TBのHDDから256GBのSSD、専用オプションのFusion Driveで、ファイルやデータの使用頻度に応じてSSD/HDDを自動的に使い分けて高速アクセスを可能にするなど、あらゆる用途や好みに応じて自由にそして快適に使える高い性能も魅力の一つです。

また、必要なポート(USB3.0/HDMI/Wi-Fi/Bluetooth/SDXCカードスロット/FireWire 800など)や性能、冷却性の高さ、操作していない時の電力消費量をわずか11ワット未満に抑えた設計は、サーバーとして活用するのにも最適なモデルであり、「Mac OS X Server」を搭載したモデルも用意されています。

新たにMacを購入される場合であっても、ディスプレイやキーボード、マウスを用途や使いやすさなど、好みに応じて自由に選択して購入して使うことが出来ますが、Apple正規品であるThunderbolt Display(27インチフラットパネル)Bluetooth KeyboardMagic Trackpadを組み合わせれば、高い転送速度でMacの美しいグラフィックを表示するディスプレイと、ストロークやキーの間隔が使いやすくケーブルが気にならないBluetoothキーボード、他のマウスと違いMac独特のジェスチャー操作で自然な使い心地でMacをコントロールすることが出来る組み合わせがおすすめです。

このモデルを選ぶ方は、サーバーとしての利用や省スペースでデスクトップ周りをスッキリとさせながら、高い性能と静穏性、電源効率が高く、気になる個人ユーザーから企業まで、本体のみの購入を検討されている方におすすめのモデルです。
▶Mac miniの詳しいスペックや画像はこちら

Mac Pro

MacPro
Macの最上位に位置し最先端の技術とパーツ構成で作られたモデルであり、音楽/画像/動画の編集やエンコード、プログラミング、3Dネットワークゲームなど、あらゆる用途の使用でも快適で高速に処理する事を可能にしビジネス・プロユースなどの利用を意識した最強のMacとなっています。

この手の高いスペックを搭載したパソコンであっても、個人での利用にも配慮し筐体の内部構造を最適化して小さくコンパクトにまとめて設置場所を選ばず、新しい冷却システムで稼働時の騒音を低減して、様々なユーザの用途やカスタマイズにも対応出来る豊富な拡張性を搭載しているのは魅力の一つです。

その性能と拡張性は、CPUに3.7GHzクアッドコア〜2.7GHz 12コアプロセッサとメモリに標準12GB/16GBで最大64GB(16GBx4)、デュアルAMD FirePro D300〜D500グラフィックプロセッサ(それぞれに2GB GDDR5 VRAM、最大6GB GDDR5 VRAMを装備)を搭載し、ディスプレイを最大3台の4Kディスプレイと接続、6台のThunderboltディスプレイを接続することが可能で、ストレージにはPCIeベースのフラッシュストレージ(SSD)256GB〜1TB、オーディオには、光デジタルオーディオ出力/アナログライン出力ミニジャック、ヘッドセットに対応するヘッドフォンミニジャック、マルチチャンネルオーディオ出力に対応するHDMIポート、内蔵スピーカー、ネットワークは、802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 4.0など、驚愕の性能と高い拡張性を標準で搭載しています。

また、世界ではこのモデルに対して大変ユニークなアイテムを多数販売してしまうほど注目しており、例えばその独特なデザインの本体をゴミ箱との愛称を付けてギミックを販売するお店や、小さな本体を持ち運ぶ「Mac Pro Go Case」なる収納バッグまで制作して販売するなど、性能だけでなくそのデザインもAppleならではの洗練されたデザインも好印象です。

このモデルを選ばれる方は、ビジネス用途でMacを使われる方、Macを使っていてサクサクと動作する処理速度が速いものを求めている方、1度購入したら長く使えるMacを探されている方などに最適なモデルです。
▶Mac Proの詳しいスペックや画像はこちら

「Apple Online Store」で購入するのが一番お得!

Macを購入するには、お近くの家電量販店や様々なネットショップなどで販売されてはいるものの、在庫として保管している種類や台数が少なく希望のモデルやスペックの物が手に入りづらかったり、分割で購入しようとすると高い金利と金利手数料を取られたり、故障や修理が必要となっても販売店では一切取り合ってもらえず、Appleに問い合わせるよう説明されるなど、お得に安く!手厚いサービスを期待することは出来ません。

では、Appleの正規販売ショップ(Apple Store/Apple Online Store)で購入したい場合はどうでしょうか?

まずどのモデルであっても豊富な在庫を持っており、Apple Storeであればそのまま持ち帰ることが出来るのもちろん!Apple Online Storeでも数日で手元に配送されるだけでなく、購入から配送状況までの詳細情報を常に確認することが可能で、丁寧な配送で安心して届けてくれるのが好印象です。

また、通常のモデル以外にもMacのストレージやメモリ、CPUなどを自由に選択して組み合わせた、カスタムオーダーにも対応し自分に合った使いやすくて最適なMacを購入する事が出来るだけでなく、分割で購入する場合でも金利が安く(キャンペーンで金利0%など)、下取りサービスを利用して購入額をもっと安くすることが可能と、あらゆる要望やお得なサービス!安く購入する方法を多数用意しているのが実はメーカーであるAppleの正規販売ショップ(Apple Store/Apple Online Store)なのです。

Macと一緒に絶対に購入しておくべきもの

Mac本体やディスプレイなど全ての製品は、購入してから1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無料の電話サポートがついていますが、新品を購入して故障する確率は使い方にもよりますが、1年以内よりも1年後から時間の経過と共に高くなり、新しいOSやアプリ、ソフトなどがリリースされて無料でバージョンアップしてサポートが必要になるのも、概ね1年後からが必要になる傾向にあります。

また、インターネットに接続する全てのデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)は、外部からのウイルス感染による情報漏洩やデータ破壊など、あらゆる脅威とリスクがついてまわっていますので、購入してからセットアップが完了したらすぐにでもウイルス対策ソフトを導入することは重要です。

有料の保証サービス「AppleCare Protection Plan」への加入

よくApple社が提供している有料の保証サービス「AppleCare Protection Plan」への加入すべきか?
と聞かれることが多いのですが、結論から言えば”絶対加入しておくべき”です。

なぜならば、ものすごく小さな電子部品を多く使っているパソコンや家電製品などは、同一の製品であってもその品質にバラつきがあったり、使い方によって故障するタイミングが読めないだけでなく、故障した部位によってはどのメーカーも保証対象外としていることが多いためです。

AppleCare Protection Plan」は、購入してから3年間のハードウェア製品限定保証と同じく3年間の無料の電話サポートが付いており、一般的にパソコンは3年〜4年でだいたい買い替えを検討する時期になるので、その買い替え期間まで故障やサポートが無料で受けられるのは大きなメリットであり、安心して長く使える重要なファクターといえます。

また、Macを売却や譲渡する際にも「AppleCare Protection Plan」は、Appleサポートに連絡することで日割りで返金してくれるので、3年以内にMacを手放しても損をすることがないだけでなく、売却時に権利を譲渡して買い取り価格を上げてもらったり、オークションなどで有償保証付きとして価格を上乗せしたり、メリットとして掲載することも出来ます。

Macを購入後に、「AppleCare Protection Plan」に加入せずに、故障時に高額な修理費用や新品を再購入されるよりも、Macを使っている間は加入し万が一の備えと、適切なサポートを活用するのが結果としてお得に購入して使う手段になります。
▶「AppleCare Protection Plan」の詳しい内容はこちら

ウイルス対策ソフトは絶対に入れておくべき

Macはウイルスに感染するリスクが低いと言われているものの絶対に感染しないわけではなく、ウイルスに感染した場合の脅威やリスクは、お金に換えられないほどのダメージと不利益を被ることになります。
(例えば、会社の極秘情報を保存していて漏洩してしまい、大きな損害を会社に与えて、損害賠償を請求されたら・・・)
▶ウイルスに関する詳しい解説はこちら

Macにも数多くのウイルス対策ソフトが開発・販売されており、iPhone/iPadなど複数台に対応した便利なウイルス対策ソフトもありますので、所持しているデバイスやパソコンなど環境に合わせて購入し、すぐにインストールしてウイルス対策ソフトを使って、安心してMacを使える環境を構築しておくことが、自分の財産を守る大切なことなのです。
▶ウイルス対策ソフトの種類や機能などはこちら