ウイルス対策ソフトの機能と必要性

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ

ウイルス対策ソフトの機能

ウイルス対策ソフトはウイルスに感染しないための様々な保護機能を多数搭載し、リアルタイムでウイルスの侵入を監視する機能やウイルス検知時の駆除/隔離/削除だけでなく、ウイルスの情報や外部からハッキング、Webサイトの安全性などあらゆる方法で侵入を試みるウイルスをブロックして使っているパソコンやデバイスを保護する大切な役割を果たしてくれます。
では、ウイルス対策ソフトの機能にはどんなものがあるのでしょうか?

1、ウイルス検知機能

インターネット、メール、ネットワーク、外部記憶媒体などから転送されるファイルやプログラム内に潜むウイルスをリアルタイムで監視する機能や本体内のHDD/SSDと接続されているあらゆるデバイスの記憶領域内を手動によってウイルスが侵入していないかを検知するウイルス対策ソフトのメイン機能といっても過言ではない機能です。

2、ウイルス駆除/隔離/削除機能

ウイルスを検知した際に、ファイルに含まれるウイルスプログラムのみを駆除して目的のファイルを安全に使うことを可能にする機能や、駆除出来ないウイルスの場合には、ファイルそのものをウイルスと一緒に隔離してMac/iPhone/iPadのウイルス感染を防ぐ機能とウイルスを隔離した後、ウイルスを含むファイルを完全消去する機能など、ウイルス検知時のウイルスプログラムに対する処置を行う機能です。

3、ファイヤーウォール機能

公共のWi-Fiや沢山の人が使う会社などのネットワークに接続する際に、自身のMac/iPhone/iPadに他の人から操作されないようにアクセス制限をかける機能で、様々なOS(Mac/Windows/iOS/Andoroidなど)に標準で搭載されていますが、ウイルス対策ソフトで2重にアクセス制限をかけることで、容易にアクセスされることを防ぎ強固なブロック機能で、共有フォルダなどのファイルを勝手に改ざんされたり、ウイルス付きのファイルを保存されウイルスに感染させられり、大切な個人情報を盗まれるなどの被害にあう危険を回避する大切な機能です。

4、Webサイトの安全を評価する機能

インターネット上に公開されているホームページやブログなど、ウイルス感染させる悪質なサイトや公的機関のサイトを模倣した偽のサイトやフィッシング詐欺など、危ないWebサイトを開く前にWebサイトの安全性を評価して知らせてくれる機能です。

5、その他の機能

ウイルス対策以外にも各社のソフト特有の様々な機能を搭載しており、ペアレンタルコントロールで小さなお子さんがインターネットを閲覧する時に教育上宜しくないサイトを表示させない機能やデータのバックアップ機能、パソコンの最適化を行う機能など、様々な価値ある機能が豊富に搭載されています。

ウイルス対策ソフトの導入タイミング

ウイルスに感染していない状態であることが望ましいため、Mac/iPhone/iPadを購入と同時にウイルス対策ソフトも一緒に購入して、Mac/iPhone/iPadの初期設定が完了したそのタイミングでウイルス対策ソフトもインストールして設定するのが、ウイルスに感染していないもっとも安全でベストな導入タイミングです。

しかしながら、すでに使っているMac/iPhone/iPadを持っている場合には、出来れば全て工場出荷状態にしてから導入されるのがベストですが、大切なデータや様々な設定など消したくない方がほとんどだと思いますので、導入されていない場合にはすぐにウイルス対策ソフトを購入して、すぐに本体内のHDD/SSD、外部記憶媒体などのウイルスチェックをすることをおすすめします。

1、導入後にも定期的なアップデートで最新の状態にしておく

ウイルス対策ソフトを導入すれば、全てのウイルスから保護されていると思って安心してはいけません!
ウイルスは常に新しいものが生み出され拡散しており、最新のウイルスに感染しないためにはウイルス対策ソフト内にある、ウイルスパターンファイルの更新が必要で、このウイルスパターンファイルが古いと新しいウイルスを検知することが出来ずに、ウイルスに感染してしまいます。

→ 導入後もウイルス対策ソフトからの通知に気を配り、ウイルスパターンファイルの更新を促すメッセージが合った場合には、すぐにウイルスパターンファルを更新し常に最新の状態を保つことが重要です。

2、OS/アプリ/ソフトのアップデートも常に最新の状態にしておく

ウイルス対策ソフト以外にも、OS/アプリ/ソフトのバージョンアップを促すメッセージが通知されることがありますが、このバージョンアップは新しい機能を追加するだけでなく、OS/アプリ/ソフト内のプログラムに致命的な欠陥や開発者が想定していなかった利用方でMac/iPhone/iPadの乗っ取りや機密情報の漏洩など脆弱性を修正するプログラムが含まれている場合があり、これらを更新しないことでウイルスに感染する危険性が増すだけでなく、そのバグや脆弱性を使って悪意ある者にアクセスされて大切な個人情報や機密情報を盗まれたり、ファイルやデータを全て削除されるなど大変危険です。

→ ウイルス対策ソフトだけでなく、OS/アプリ/ソフトなどにも気を配り最新バージョンがある場合には、すぐにダウンロードして更新し最新の状態を保つことも重要です。

<前 1 2 3 4 5 次>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>