Window Tidy for Mac

Kind: mac-software
Ver: 1.31
ReleaseDate: 2011/09/05
Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
Price: ¥800
ArtistName: Gareth Clarke
SellerName: Gareth Clarke
BundleId: $bundleId$
Currency: JPY
FileSize: 1.8 MB

Macでインターネットを参照しながらメールを作成したり、複数のアプリやソフトを同時に開いて作業をしていると、画面上に複数のウィンドウが立ち上がっていて、それぞれのウィンドウを作業しやすいように1/2や1/4サイズにマウスで調整しディスプレイ上にレイアウトして同時に表示したり、全てのウィンドウを全画面表示にしてウィンドウを切り替えながら作業をされている方が多いと思いますが、Windowsのようにもっと簡単な操作で瞬時にウィンドウサイズを調整してレイアウト表示する機能があればと思ったことはありませんか?

このアプリは、ウィンドウをドラッグ&ドロップするだけで簡単にウィンドウのサイズからレイアウトまで簡単に調整することが出来、ショートカットキーを割り当てて調整する機能や複数のディスプレイを使用していても使えるなど大変便利なウィンドウレイアウトアプリなのが特徴です。

ウィンドウをドラッグ&ドロップだけでサイズからレイアウトまで簡単に調整する


ウィンドウをドラッグして大きさや表示する位置に合ったグリッドビューにドロップするだけで簡単にウィンドウを調整する事が出来、よく使うグリッドビューをカスタマイズして登録しておいたり、都度サイズや位置をグリッドビューのマス目を選択してウィンドウをレイアウトすることも可能と、様々な用途や場面で手軽に使えるのは大変便利です。

使い方

1、使いたいソフトやアプリを開く


使いたいソフトやアプリを開いてウィンドウをディスプレイ上に表示します。

2、グリッドビューにドラッグ&ドロップする


ウィンドウをドラッグすると画面上にポップアップウィンドウでグリッドビューが表示されるので、調整したいサイズと位置にあったグリッドビューにドラッグします。

3、ウィンドウがキレイに整列される


レイアウトしたいウィンドウをそれぞれドラッグ&ドロップすると、ディスプレイ上にキレイにウィンドウが整列され同時に複数のウィンドウを参照しながら効率良く作業を進めることが出来ます。

豊富な機能と設定方法


メニューバーにある本アプリのアイコンから設定をクリックすることで、ポップアップウィンドウで表示されるグリッドビューの表示位置やその内容(サイズや位置)、ショートカットキーを設定して都度サイズや位置を指定することが出来、Macを起動したと同時に自動的にアプリも起動するスタートアップ機能など、ユーザーが使いやすいように自由にカスタマイズして使うことが出来る豊富な機能を多数搭載しています。

各設定は、設定内のタブを切り替えて簡単に設定することが出来、各タブの機能は以下になります。

  • 「Layouts」
  • ポップアップウィンドウで表示されるグリッドビューのサイズや位置を指定して名前をつけて登録することが出来ます。

  • 「Options」
  • Macを起動したと同時に自動的にアプリも起動するスタートアップ機能などを設定することが出来ます。

  • 「Positioning」
  • ポップアップウィンドウで表示されるグリッドビューの表示する位置を指定する事が出来ます。

  • 「Quick Layout」
  • ショートカットキーを割り当てて、グリッドビューのコマ数と高さ・幅を指定しておけば、アクティブウィンドウをショートカットキーと一緒にドラッグしたときに、サイズや位置を指定して自由にウィンドウをレイアウトすることが出来ます。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら

    Moom for Mac

    Kind: mac-software
    Ver: 3.1
    ReleaseDate: 2011/03/03
    Genres: [ユーティリティ][仕事効率化]
    Price: ¥1,000
    ArtistName: Many Tricks
    SellerName: Many Tricks
    BundleId: $bundleId$
    Currency: JPY
    FileSize: 5.1 MB

    Macで複数のアプリを使い分け(切り替え)ながら様々な作業をしているときに、参考とする情報をネットやアプリの画面を半分あるいは1/4位に表示させてメインとなるウィンドウを画面半分にいっぱいに表示して使うことで、効率良く作業を進めていると思いますが、それぞれのアプリの画面配分をベストな位置にマウスで調整するのってちょっと不便で、Widows7から標準搭載されたアクティブウィンドウをマウスで画面の上下左右にあてるだけで、適切な画面配置にしてくれる機能があったらと思ったことはありませんか?

    このアプリはそんなWidowsに標準搭載された機能以上に便利に!そしてもっとディスプレイを有効活用出来るように、アクティブウィンドウの移動からサイズ変更をマウス操作だけでなくキーボードだけでも可能にした大変便利なアプリなのが特徴です。

    <簡単な操作でウィンドウ調整>

    MacのウィンドウにはWindowsと同様に「閉じる」「最小化」「最大化」がありますが、問題は「最大化」です。
    Windowsの場合には、最大化=アクティブウィンドウを画面全体に表示してくれますが、Macの場合は各アプリの最適なサイズに最大化する仕様になっています。

    本アプリは、その「最大化」で5種類のサイズ(全画面、上下左右の1/2)から選択するだけで、自由にウィンドウのサイズをディスプレイに合わせてサッと変更することが出来るシンプルで使いやすく利便性が格段に向上するアプリとなっています。

    <好きなサイズと位置にウィンドウ調整>

    6×4分割のグリッド表示でディスプレイ上にサイズと位置を自由に選択して表示させることが出来るので、画面左半分にメインとなるウィンドウを配置し、参考資料とSafaliをウィンドウの残り1/4づつ表示させてディスプレイを使うことで、ウィンドウを切り替えること無く資料やネットを見ながら視認性を向上しディスプレイを最大限活用することが出来ます。

    また、情報量が少ないものや進捗状況を表示しておきたい場合には、1/6程度のウィンドウをディスプレイの端あるいは中央などに複数配置するなど使いやすいようにサイズも位置もカスタマイズすることが出来ます。

    <画面上下左右でサイズ変更>

    ウィンドウをマウスでドラッグして画面の上下左右に移動させればWidowsのように画面を上下左右に1/2で表示させることも出来るので、Widowsに慣れている方であれば自然に使うことが可能となっています。

    <キーボードでウィンドウ調整>

    ウィンドウのサイズ変更、位置をキー操作のみで行うことも可能なので、入力作業時にマウスへ手を移動させずにちょっとだけ動かしたり、サイズや位置を変更するなど作業を効率良く進めることが出来ます。

    <キー割当とショートカットで自由にカスタマイズ>

    キーボード操作時のキー割当を自由に設定することが出来、レイアウトやサイズなどをショートカットキーに割り当てるだけで、瞬時にウィンドウサイズと位置に変更することが可能なので、ショートカットキーの割当を覚える必要も無く使いやすいように設定出来るのは魅力の一つです。

    システム要件などの詳しい情報やレビューはこちら